【先週(7/15,16)のレビュー】:函館記念を振り返る・・+α

まず始めに収支のお話しを。

昨日までの「7月」のまとめ。

第3週が終わりまして、月間成績は、

勝率:13.2%

レース的中率:15.8%

月間回収率:119.4%

年間回収率は99.0%となりました。

先週もトータル100%超えはならず・・・精進いたします。

さて【函館記念】を振り返ります。

私の買い目は公開したように

本命:②ダンツプリウス

対抗:⑩ステイインシアトル

穴:⑧カムフィー、⑨スーパームーン

でした。

そして結果は、

見事にケツから3頭独占!最上位は12着!!!!

悔しくも何ともないレースでしたよ!

『【函館記念】は内枠』と多方面から漏れ聞こえる声に賛同し予想を展開。それに【函館記念】以前の芝レースで連対した馬をみると⑨番の馬が1番外という感じ。

ちなみに前日の土曜日の芝レースも連対した馬で一番外の馬番は⑨番でした。この事実も相まって、そもそも「外枠」の馬には目もくれず。なのに、、、【函館記念】だけが「外枠」決着とはね。そして、細かく細かくメモして解析(?)した「素人血統診断」も見事に外れ・・「素人血統診断」で唯一ピックアップ出来たのが3着にきた⑮ヤマカツライデン。しかし、これも「外枠」でしたからねぇ。。。馬券の本筋には組み込めず・・・

この日の函館芝の傾向を「位置取りシート」で確認しても【函館記念】までの結果は「中」より「内」目で決着しておりました。そして「位置取りシート」では確認出来ませんが【内3番手】【内4番手】がよーーーく、馬券に絡んでいたのです。JRDB会員の方ならお気づきだったと思います。(JRDB会員にご興味のあるかたはこちらからぜひ!)

この傾向に気付き【函館記念】の位置取りシート(会員用ビューワー)に目をやると、

【内3番手】:⑤レッドソロモン

【内4番手】:⑭タマモベストプレイ

ここで「位置取り」傾向をそのまま信じる買い目も作っておけばよかったのですが、どーしても、「内枠有利」というワードが頭から離れない・・それに、時間を使って検証した「素人血統診断」からも⑭タマモベストプレイはハマらない。。。

ということで僕の【函館記念】は悔しくも何ともなく惨敗に終わったのですが、この「位置取りシート」の傾向が函館最終レースで僕を助けてくれました(^^)。(この最終レースの話しは後ほど。)

そして、さらにレビューをしていて気づきました。僕の予想ツールの1つ「ストライド新聞」のST指数上位5頭ボックスで的中しているではありませんか!!!凄いな「ストライド新聞」。。

でもね、まだ、どう使って良いか分からないのですよ。。「ストライド新聞」を。どのように使えば良いのだろうか。。。なかなか新しい予想スタイルが身につかない。。。

ここで少し先週のレビューから離れますが、「ストライド新聞」を導入する前の僕の予想必須ツールは下の4アイテム。

TARGET frontier JV

②競馬専門紙「馬サブロー」

位置取りシート + 外厩シート

④ハイブリッド新聞(主に「推定3Fシート」)

まず①TARGET frontier JVに③と④のデータを取り込みます。③④を一括に取り込むパッケージもあるようなのですが、僕は④は手入力にしてます。手間がめっちゃ掛かるのですが、手で入れていると、色々な”気付き”がありますので。そして③の位置取りシートをプリントアウト!それから「馬サブロー」に各印を転記する、という感じ。色々記載した「馬サブロー」はこんな感じになります。

レベルの高いレース(by ハイブリッド新聞)を囲んだり、「位置取り」、「外厩データ」や「激」マーク(JRDBデータ)を記載したり、好調教馬に印を付けたりするのです。これでようやく、色々転記された「馬サブロー」とにらめっこがスタート。さて、どう買おうかな、となっていたわけです。

さて、「ストライド新聞」は始めてからまだ1か月経つか経たないかなので、ちょいと、置いておきまして「馬サブロー」無しでやってみようかな、ふと、思ったのですよ。

なぜかと言いますと、

1)そもそも有料ツールが多すぎる(たぶん毎月1万円くらい使ってる)

2)8月上旬の札幌遠征に備えて

1)については、極力少額に抑えるに越したことはないのだけど、やはり情報はあるに越したことはなく、その溢れる情報に溺れなければ良い。しかし、手に入れた情報を使い切れていないのも事実なので、見直すか、と。

そして2)。これが「馬サブロー」無しでやってみよう!の実の背景であります。僕はここ4・5年、競馬仲間数人とともに「札幌競馬観戦&喰い倒れツアー」を敢行していて、今年も8月上旬に行くのですが、札幌には「馬サブロー」が売って無い。市内のコンビニはもちろん、競馬場にも無い(今年はあるのかな??)。この「馬サブロー」が無い時点で予想スタイルが崩れるわけです。やっぱりね、普段、読み慣れてない新聞の馬柱なんか目に入らないんだから。無理よ、予想なんか。で、やはり負けが多いわけ。大勝ちした時もありましたけどね。あの時買った新聞は「競友」でしたね。フォント(文字の形)が好きで買ったんだわ。で、大勝ちして帰ってきて「競友」に切り替えた時期もあったんだけど、合わなかった。。(「競友」さん、ごめんなさい。僕には合わない、ってだけです)ということで、7月から「馬サブロー」無しでの予想が始まりました。成績は既報の通り、今のところ、プラス収支。さて、この後、どうなりますか・・

そこで、、、

競馬専門紙を買わずに競馬をやってますよ!もしくは「ストライド新聞」や「ハイブリッド新聞」はこういう風に使うと良いですよ!というご意見をお持ちの方、ぜひ、下記宛にメールをくださいませ!お待ちしております!!

infogoldgean1969@gmail.com

では、「レビュー」に話を戻しまして、先週唯一的中したのが「函館12R」芝:2600m。これぞ、まさに、「位置取りシート」の素晴らしいところ。先程も書きましたが【函館記念】が終わり、芝レースは全部で6鞍終了。この内、4鞍で【内3番手】以降が馬券絡み。しかも【内4番手】は3鞍で絡んでいました。

そしてなにより、この日の芝レースは【内】に位置した馬の成績がものすごく良かったのです。「位置取りシート」で確認できる(1番手、2番手)だけでもこんな感じ。

芝5鞍終わって「位置取り」別で馬券に絡んだ頭数は(番手除く)

【最内】:4頭

【内】:12頭

【中】:1頭

【外】:0頭

【大外】:1頭

って、ことで、軸にすべきは【内】に位置した馬に決定。

で、「位置取りシート」(会員用ビューワー)で確認すると

ここまでの傾向から【内4番手】(②クラシックエース)を中心に。しかも「天栄」帰りで馬名が太字に該当しておりましたので(この日の「外厩」馬名太字馬の成績はこちら)*外厩馬名太字馬の説明は割愛させて頂きます。そこから【内2番手】⑤アグリッパ―バイオ(これも外厩馬名太字に該当)へ、が馬券の本線。それと⑤から【内1番手】①スズカヴァンガードへのワイドを。

ということで、こんな感じで的中ゲット。

当初は②-⑤の馬連1,000円、ワイド2,000円と入力したのですが、ここまで払い戻しが無く弱気に・・・これは慎重・堅実というべきか、意気地なしというべきか・・・意気地なしだな。

ながーーく、なりましたが、先週のレビュー終了します。

 

【本日(7/16)の競馬】:「函館記念」予想と買い目

あー、完全に風邪引いたわ。咳が辛くて夜も眠れない・・・鼻水も止まらないし、予想に集中出来ない。

しかし、やります。

さて【函館記念】やりましょう。

今日函館は”雨”ですねーー。馬場も現在、稍重へ。

昨日とは傾向が変わってくるのかな。

過去5年はこんな感じ。

1人気は勝ってないんですね。3・7・8人気あたりは狙い目か。そしてリピーターレースでもなさそうです。

そして、次に、ここのところ好調な「血統的」考察に入ります。

これが過去5年に馬券に絡んだ馬たちの「クロス」です。走り書きで失礼。

昨年は「Northern Dancer」5 x 5のクロスを持つ馬が2頭馬券圏内に。今年は、昨年1・2・3着馬が出走してきてますね。しかし「リピーターレース」では無いので、この3頭は軽視。そして、ここ2年は馬券に絡んでおりませんが「Nerctic」「Natalma」のクロスを両方持つ馬がかなり絡んでおります。

これは昨日の函館芝のもの。

昨日の函館芝は「Hail to Reason」「Northern Dancer」のクロスを持つ馬、そして「Nothirdchance」を持つ馬も良い。特に、昨日の芝中距離戦では、この「Nothirdchance」のクロスを持つ馬が2頭連対です。しかも、この2頭しか「Nothirdchance」を持つ馬はいませんでしたから馬券率100%ってことになりますね。さらにこの2頭は「Hail to Reason」「Turn-to」も保有しておりました。

そして今回の【函館記念】の血統クロスメモ。

「Hail to Reason」「Turn-to」「Nothirdchance」を全て持つのは⑨スーパームーンのみ。

そして「Hail to Reason」「Northern Dancer」の両方を持つ馬は、

②ダンツプリウス

⑦マイネルミラノ

⑧カムフィー

⑩ステイインシアトル

⑮ヤマカツライデン

⑦マイネルミラノは先に述べた通り軽視。では残りの4頭をもう少し良くみるとこの2つのクロスに加えて「Nearctic」「Natalma」両方のクロスも持つ馬がいるではありませんか!

⑧カムフィーです!!!

で、現状のオッズを見てみると、なんと⑧カムフィーの単勝は144倍で断然のビリ人気・・8歳で上積みなんて見込めませんが、過去には函館芝で3着もあります。そして、ここ10年、前走「エプソムC」組の成績は【1-1-1-4/7】で複勝率42.9%。複回収値:175円。しかも父:ダンスインザダーク馬は過去5年で2頭が馬券に絡んでおりますし、そもそも荒れるレースですからね。

ということで、どちらも人気はありませんが、馬券構成から外せないのは、

⑧カムフィー

⑨スーパームーン

この2頭で決まったら(馬連5,100倍強:12:00現在)大笑いなのですが「んなことはないだろう・・」ってことで

本命は②ダンツプリウス

【内枠】でもありますし、過去10年の【函館記念】で4歳馬の成績は抜けて良い。次に良いのは7歳以上。今回出走馬の中で唯一の4歳馬がこの②ダンツプリウス。⑧カムフィー、⑨スーパームーンは共に8歳馬で過去の傾向もクリア。

で、対抗。

現在、函館は6Rまで終わって芝レースが4鞍。

うち2R(ともに中距離)で「ステイゴールド産駒が勝っております・・・

【函館記念】のステイゴールド産駒は

⑥アングライフェン

⑦マイネルミラノ

⑩ステイインシアトル

⑪ツクバアズマオー

です。

このうち「Hail to Reason」「Northern Dancer」のクロスを持つのは

⑩ステイインシアトル

よってこれを対抗で。

買い目は

②-⑩の馬連、ワイド。

3連複は

3連単は

あと、穴馬⑧⑨の2頭が共に来たら嫌なので、この2軸で総流しの3連複買いま買いました!

 

では、みなさん「Good Luck!」

【本日の予想】函館11R【STV杯】

週明けから仕事がバタバタで記事アップ出来ず・・・土曜日になってしまいました。先週の記憶も薄れてしまったし、今週から各場とも芝はA→Bコースに変わるので各場の芝のレビューは割愛させて頂き、本日のメインレース展望を。

と、その前に。

「七夕賞」で本命に推したのが⑦タツゴウゲキ。

スタートしてから先団につけ、なかなか良い感じで進みます。向こう上面でも「前々にいるぞ」という感じ。内ラチ沿いをリズムよく走る。そして3コーナー入口で各馬が上がっていく際にも自分のペースを守り(?)上がっていかず気付けば後ろから2頭目。4コーナー入口では一旦最後方。。そこから3頭分ほど外へ出し、追い出し始めますが進路が無い、、下がってきた馬を上手く捌けず、さらに3頭分ほど外へ・・・そこから追い込むも3着馬とは0.1差の6着。レースが終わって北村騎手は「もったいなかったなー、下がってきた馬を上手く捌けなかった。最後もうひと伸びしてるだけに。。」と北村騎手らしい(?)コメント。

捌いてくれよ!

ということで、自分の予想は間違っていなかったことにします。

そして、素人血統予想もまんざらでもなく、やはり、この日の福島芝は「Northern Dancer 5×4」「Northern Dancer 5×5」の成績が良かったですね。皆さんご存知の通り、このクロスを持つ馬はたーーーくさんいるんですけど(^^;

では「函館メイン」【STV杯:芝1200m】の予想です。

先週の【種牡馬】別成績は、

「キンシャサノキセキ産駒」「ヨハネスブルグ産駒」が宜しい感じ。「ステイゴールド産駒」も良い部類にカウントしても良いかな。そして勝ち馬は出ておりませんが「ペーカバド産駒」っすね。

【母父】は

「フジキセキ」「マイネルラヴ」「サクラバクシンオー」がグッド。逆に良くないのは「サンデーサイレンス」。と思ったら【3R】芝1200mの未勝利戦で2着の母父が「サンデーサイレンス」。ちなみに、このレースの勝ち馬の父は「ステイゴールド」。母父は「マイネルラヴ」でした。そして【5R】芝1200m新馬戦の3着馬の母父も「サンデーサイレンス」。

そして【脚質】

【先行】で【上り3F上位】!

そして「STV杯」の過去の傾向をチェック。

「STV杯」ってハンデだったり定量だったり、落ち着かないレースなんですね。。ここでは近4年を。その4年前はハンデ戦、ここ3年は定量戦となっております。

「牝馬」強し、「3人気」絡む。

血統的には・・

馬券に絡んでいる12頭中、9頭は「Northern Dancer」のクロスが入っております。

なのですが、、、悩ましいことに、本日の芝レース。

これまで4鞍行われたのですが、馬券に絡んだ馬を紐解いてみますと12頭中7頭に「Hail to Reason」のクロスが。「Northern Dancer」のクロスは5頭なんですよねー。

そしてこれまでの芝4鞍中3鞍が「1200m戦」。

つまり「STV杯」と同じ距離のレースでした。この3鞍でみますと、、、

「Hail to Reason」のクロス馬は6頭。

「Northern Dancer」のクロス馬は5頭。

この延べ11頭(両方内包している馬は1つずつカウントしております)中、両方内包している馬は各レース、1頭ずつ計3頭おりました。

 

って、ことで【STV杯】の中で

「Hail to Reason」のクロスと「Northern Dancer」のクロスの両方を持つ馬を探してみると・・・いました!

⑧ワカコマタイヨウ(父:トーセンファントム、母父:リアルシャダイ)

⑨ディスティニーソング(父:メイショウボーラー、母父:サンデーサイレンス)

ということで、どちらかを軸にしたいと思います。

ここは迷わず⑨ディスティニーソング

今日好調の母父「サンデーサイレンス」(芝1200mで2頭馬券に絡んでいます)ですし、人気的にもちょうど良い。一昨年2着「ダノンマッキンレー」と全く同じ種のクロス(クロス分量は異なりますが)を持ちます。

そして穴馬には①イーグルアモン、⑧ワカコマタイヨウ

この馬は昨年2着の「メジャータイフーン」と同クロス保有。そして人気が全くない・・この馬は休み明けから使い続けて結果が出るタイプですから。

 

では「買い目」を。

馬連フォーメーション)17点

⑧⑨-①③④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑫

3連複フォーメーション)42点

1列目)⑨

2列目)①③⑦⑧⑩⑪⑫

3列目)①③④⑤⑦⑧⑩⑪⑫⑬

の計60点です。

安め安めなら、ガミりまっす!

今日のロック

おい、早くジャーキーくれ!

ロック「ちゃんと、競馬のコラム書けよ」

僕「今週は忙しくてさ」

ロック「こんなの上げるなら書け!」

僕「はい。明日からちゃんとやります」

【今週(7/8,9)のレビュー】:その①

では今日現在での「7月」のまとめ。

第2週が終わりまして、月間成績は、

勝率:14.8%

レース的中率:18.5%

月間回収率:128.8%

年間回収率は99.3%となりました。

昨日時点では、年間回収率が100%超えたのですが、「プロキオンS」と「七夕賞」に突っ込み・・・でした。

しかし、先週よりは上昇し、年間100%超えはもう少し。

あと2週は今週同様の3場開催なので、しっかり、レビューして来週末に向かいます!

各場のレビューは後ほど。

 

【七夕賞】:買い目決定!

ここまでの芝2000mをみて決めました。

やはり「Northern Dancer」のクロス馬強し。

それと「Halo」「Hail to Reason」系。

となれば

軸は⑦タツゴウゲキ。

対抗に③フェルメツァ

次に⑥ヴォージュを。

⑧ゼーヴィントは、上に挙げたクロスを持っているのですが、1番人気なので嫌います。3連複、3連単の3列目まで。

さて、どうでしょうか??

あ、カイザーバル、取り消されてしまった・・・WIN5、終了・・・