【ストライド新聞】プレミアム会員登録してみました。

こんばんわー。

毎週「競馬ナマTV」をFRESHで観つつ、グリーンチャンネルを無音でつけて馬券を購入しておりました。

しかし【ストライド新聞】の購読には至らず(【プレミアム会員】登録はせず)。【ハイブリッド新聞】も購読してるし、馬サブローも買ってるし・・・見るものがたくさんあり過ぎてもねぇー。。

でも、何となく。。。プレミアム会員になってみました!そして、当サイトにもリンクを貼らせて頂いております。これで馬券的中精度があがるのか!?・・・

各種資料の見方や接し方を自分のモノにするのに、時間が掛かりそうですが、自分なりのルーティンを確立すべく、今週から頑張ります!

さて、明日の各場メインの予想に入りますね。

6/17(土)阪神メイン:「天保山S」を検討しましょう。

さて本日は土曜日(6/17)阪神メイン、3歳上、オープン「天保山S」ダ1400mを検討しましょう。

出走馬が確定しましたので、それを。

では過去5年の期間で【阪神ダ1400m】の成績をみていきます。

まずは「馬番」「枠番」別成績から。

次に「種牡馬」

【シスターミニスター産駒】は勝率、連対率、複勝率、単回値、複回値とも優秀。【ブライアンズタイム産駒】も回収値が優秀です。【マンハッタンカフェ産駒】は回収値はよろしくありませんが、複勝率は3割を超えていますね。

「脚質」

はい、何度も書いておりますが、やはり、「逃げ」「先行」+「上がり上位」が優秀です。

ちなみに、今開催(3回阪神)のダ1400mは先週までに8レースありましてその成績は

ちょいとみにくいかも、ですが、やはり「先行」+「上がり優秀」ですね。

ではTARGET frontier JVで「補正タイムランキング」(過去1年半)みてみます。

ありゃ、、

コウエイエンブレム

スマートアヴァロン

キングズガード

スーサンジョイ

それと、

キタサンミカヅキ

の5頭で組み立てれば良い感じ。

最後に、出走馬の「血統」を確認。

【シスターミニスター産駒】は上記でピックアップした

コウエイエンブレム

キングズガード

しかもコウエイエンブレムは「逃げ」「先行」で速い上がりも使えます。断然の1番人気だとは思いすが、ここからですね。。

では、明日!

6/17(土)東京メイン:「ジューンS」を検討しましょう。

昨日のコラムで「相模湖特別」を検討します。と書きましたが、よくみたらメインは「ジューンS」だったので「ジューンS」の検討にします(^^;

「ジューンS」は3歳上、1600万下、芝2000m(D)のレース。

登録馬はこの13頭。

では同条件で色々みていきます。

まずは「馬番」「枠番」

「内枠」ですね。

うん、やっぱり「内枠」。

というか、「外枠」があまり良くない、と思ったけど、7枠の複勝率は悪くない。

次に「種牡馬」

「ディープ産駒」は成績はいいのだけど、人気先行はいつもの感じ。でも「複勝率」は3割超えて優秀ですから気にしておかねば、ですね。

「メイショウサムソン産駒」は連対率、複勝率とも優秀だし、単・複の回収値も優秀です。あとは「マンハッタンカフェ産駒」。勝馬はいないものの複勝率は優秀。複の回収値も。

次に「脚質」

「先行」「中団」、「上がり速い」。

まーこれは、どの条件でもそうなので、特筆すべき項目では無いのかな。。。

では、TARGET frontier JVで「補正タイムランキング」をチェック!

プロディガルサン

ドレッドノータス

かな、、、

あ、登録馬の種牡馬を見るの忘れてた。

はい、こんな。

おーーーー、なるほど。分からん!

補正タイムランキングで「先行」「中団」での競馬が出来て、速い上がりが使える馬でピックアップされる

プロディガルサンは「ディープインパクト産駒」

ドレッドノータスは「ハービンジャー産駒」

「ディープインパクト産駒」の成績は良いことは既に分かっていますので、「ハービンジャー産駒」はどうなのか、といえば、この5年で「0-0-1-2/3」。勝馬はいませんが複勝率は33.3%、となります(^^;

なので、ドレッドノータスも要チェック!

ただ「中1週」での参戦が僕的には割引。とはいえ、新馬→京都2歳Sと連勝した馬、しかも、前走は今回と同じ「東京芝2000m」で勝っています。とはいえ8頭立てなので強調は出来ませんけど。。

では「馬体重」を。

「重い」方が良いんですね。

特に500kg-519kg。

いるかな、今回の出走予定馬で。

前走の体重で調べると

プロディガルサン:前走504kg【降級馬】(ディープインパクト産駒)

ワトソンクリック:前走504kg(メイショウサムソン産駒)、芝レース、今回が2走目。

ヴォージュ:512kg【降級馬】(ナカヤマフェスタ産駒)

が該当します。

なので、今日時点では、プロディガルサンを軸に馬券を構成するつもり。

では、また明日!

 

【夏競馬スタート】:函館第1週目を考える

今週から、いわゆる【夏競馬】がスタート。今週は「東京」「阪神」「函館」の3場開催となります。ここ3週、計6日間は2場開催のゆったり(?)とした流れでしたが、また忙しくなりますね。僕の競馬仲間のS口くんは「2場開催だと時間が余って仕方ない。3場の方がリズムが良い」と。色々なタイプの競馬ファンがおります。

さて、今回は「函館第1週目」。
僕的にはケンな開幕週ですが、過去の傾向を確認しましょう。検証する対象レースは特別レースに絞り、且つ、今週の函館の重賞が日曜日に行われる「函館SS」芝1200mなので、まずは、函館芝1200mをみてみます。土曜日のメインも芝1200mの「HTB杯」ですのでね。

使用ツールはTARGET Frontier JVを中心に、公開可能な範囲で「JRDV.sp」や「ハイブリッド新聞」からの引用で。

では「函館芝1200m(Aコース)」の過去5年の傾向をみてみますね。

まずは「馬番」と「枠番」から。

馬番)

枠番)

枠で見ればフラット、でも、馬番でみると内が有利??9番の成績が良いのは気になりますが。

次に「種牡馬」

勝鞍では「ダイワメジャー」ですが「デュランダル」いいですねー。今週の登録馬ではいるのかな??「デュランダル産駒」は。。みてみましょ。

「HTB杯」の出走登録馬は

あ、ここには居ませんね。「ダイワメジャー産駒」は2頭。

クードラパン

ショウナンマッシブ

さて「脚質」

やはり「逃げ」「先行」ですねーーー。

そして「上がり3F1位」が素晴らしい成績を収めております。

では、この軸で「HTB杯」の登録馬を確認。

函館は「洋芝」なので「洋芝」での成績でソートしようかとも思ったのですが、走ったことも無い馬もいますので、単純に「脚質」(逃げ・先行)実績でみてみます。

はい、こんな。

1位はクードラパン

「函館」の経験はありませんが、昨年「札幌」(洋芝)の1200m「HBC賞」で勝っています。しかも「ダイワメジャー産駒」。近走はふるいませんが、休み明けは走らなくもないタイプ。アリかも、な1頭と考えています。

そして「馬体重」

重い馬の成績が良い。

はい、さっきのクードラパン

馬体重はなんと、500kg超え。悪くないんじゃないかな(^^)

出走するかは、今日現在、分かりませんがクードラパンからで構成してみようか、と。

「函館SS」は日曜だし、土曜日の傾向をみてからでも、ね。

明日は土曜日東京のメイン「相模湖特別」を検証します。

 

先週のレビュー:昨日(6/11)の「位置取りシート」の復習(阪神篇)

さて、昨日の続き「阪神」の位置取りシートを振り返ります。

芝から。

「1番手」IDM上位、「+」マーク付きは優秀な成績も、特に、「位置取りシート」だけでは馬券的中には繋がらず・・ただし「外厩」データを上手く組み合わせることで的中に近くなりそうです。「外厩成績一覧」はこちらから。「外厩」についてのもろもろはこちらのアーカイブをご覧ください。

というのも。。6Rの結果は、

 

1着のエイシンスレイマンは前走が「外厩」に出されて3着。そして叩かれた今回は1番人気での勝利。2着のロードピアスは「しがらき」帰り。前走も「外厩」を使っておりました。3着キラーコンテンツは初出走ながら2番人気での出走、そして「しがらき」からでした。

8Rの結果(3連単100万超え!)は、

 

「位置取りシート」ではリストアップされていない1・2着馬ですが、それぞれ「外厩」帰り。このレースにはこの2頭の他にも「外厩」を使って参戦してきた馬はたくさんいたので難しいっちゃ、難しいのですが「外厩」からの参戦であることは間違いありません。そして1-3着まで「中」のポジション。これ、覚えておいてくださいね。僕は、このレビューで気付いたんですけどね。

次9R。

1着は「1番手」でIDM「〇」、「+」付、且つ、1番人気の②ノーブルマーズ。2着は「位置取りシート」的に「1番手」「2番手」にリストアップされていませんが2番人気で、前走は「しがらき」からの参戦で2着だった⑤ヴァフラーム。そして3着が「宇治田原」帰りの⑥デンコウインパルスでした。そして、8R同様に1-3着まで「中」ポジションでの決着。。。こういう流れも掴まないとならないんだな。でも、こういうのはたくさんあるんです。同ポジションが「1番手」「2番手」に関わらず絡んでくることが。なので、ポジショントレンドを掴んだら、位置取りシート的な番手関係なく買い目に取り入れる、ってのは重要かも、ですね。

そしてメイン。

僕は既報の通り③プリメラアスールと心中したかたちとなりましたが、結果は

「最内1番手」IDM◎、「+」付の⑩マキシムドパリが1着。重賞実績もありますし、いくら、波乱の「マーメイドS」と言っても実力上位は強い、という結果。2着の④クイーンズミラーグロだって、近走は重賞で好走を繰り返しておりましたし。。3着①アースライズも「フラワーC」2着、「オークス」4着の実績馬ですからね。やはり、馬の実力っていうのは無視しちゃならんのですわ。あ、「しがらき」帰りでしたね。

とかく負けてるときは【思考停止】になりがちですが、重賞の時は、個々の馬の実績を、まずは把握しなきゃならんですね。

「ヴィクトリアマイル」のデンコウアンジュもそう。やはり実績馬のピックアップは常勝には欠かせませんね。

では、最後に「阪神ダート」を振り返りますね。

「1番手」IDM上位が多く馬券に絡んでおりました。ただ、それに気付いたとして馬券が獲れたか、といえば、「位置取りシート」の傾向だけでは僕は獲れない日でした。では「外厩」みてみますね。

うーーん、、、どうだろう。。なんか「これ!」っていうのあるかな。僕には見えない。。でもね、別の要素でヒントを見つけました。それはTARGET frontier JVの補正タイムランキング。未勝利戦はデータも少ないので置いておきまして、ある程度レース実績のある馬たちが走るレースは有用かも。

ではみてみます。

7R(3歳上ダート500万下)

10R加古川特別(3歳上1000万下)

12R(3歳上500万下)

ほら、意外と上位にいる馬が馬券に絡んでる。。。でしょ。

このアタリも上手く取り込みながら、今週末こそ、浮上したいと思います。

では、レビューはお終い。

明日からは週末の予想をいたします!

今週のレビュー:今日(6/11)の「位置取りシート」の復習(東京篇)

これで2週連続の大幅マイナス。

さすがにやり方考えないと年間マイナスに突入しそう。

ということで「連対馬から学ぶ」をテーマに特別以降のレースを振り返ります。と、その前に本日(6/11)の「位置取りシート」レビューです。

結果はこんな感じでした。

東京の芝から。どうすれば獲れたのか?やっぱり獲れないのか?を振り返りますね。事実と仮想が入り乱れていますがお許しを。事実は本日全敗ですから。

結果から見れば、メインまでは「最内1番手」から残りの1番手に流せば・・・な感じですね。メインまでの「最内1番手」はIDMも高めの印、「激」や「+」もついている馬がそのポジションにおります。なので軸に選べなくもない。さてさて、この「傾向」を踏まえてメインに臨むとしましょう。

ここまでの「傾向」から「位置取り」的には馬券の軸は「最内1番手」の①マイネルミラノ。しかし、この馬にはIDM他、その他の印はついておりません。さてどうするか。次の候補は「内1番手」の⑥デンコウアンジュ??「IDM」も〇。「+」マークもありますし、ここまでのレース結果から「内1番手」は悪くない、とも考えられる。ご存知の通りデンコウアンジュは「ヴィクトリアマイル」で2着でしたし。

で、僕はどうしたか?

僕は前日にベルーフとレッドレイヴンの馬連、ワイドを買いまして、レース直前に「位置取りシート」の傾向から①マイネルミラノの1頭軸で他の「1番手」全頭への3連複。それとレッドレイヴン1頭軸で1番手、2番手の全頭への3連複マルチ、ベルーフから馬連総流し、などを購入してしまい傷口を広げる始末・・・

「位置取りシート」をまたまたまた”無視”・・・・マジでブレブレ・・・メンタル弱っ。猛省です。

あ、で、結果的には「1番手」は一頭も馬券には絡まず。

「2番手」もアストラエンブレムのみ。

1着も2着もリストアップされていない馬で決着・・・無理!獲れない!

勝った⑫ダッシングブレイズは買えたのか??って考えてみました。

でも、無理ね。僕には。

ダッシングブレイズ自体は僕の「チェック馬」ではあるのですが軸には出来ない。

理由)

①「位置取りシート」にリストアップされていない

②1800m以上の連対無し

③「エプソムカップ」のステップレースで「京王杯SC」組の成績はよろしくない

④浜中騎手の東京1800mの成績はすこぶる悪い。

でも、今、『トレセンまるごと情報@グリーンチャンネル』をみかえしてたら吉村調教師が「今なら1800mが合ってる」って言ってるよ。でも買える??僕は買えない。。吉村調教師のコメントを拾い続け、コメントデータ取るしかないな。

そうだ、僕ね、ずーーーっと前から考えてることがあるんですよ。新聞やTVで調教師や厩務員さんのコメントを全て拾ってデータ化出来ないのかな??と。あります?そういうデータ。この調教師が前向きなコメントしている時は連に絡む、とか、この厩務員が「勝ち負け」って言ってるときは消し、とかね。あったら教えてください!

もとい!ところで、これ、獲れる??僕には無理だわー・・・でも最終オッズみると5番人気の馬連でしょ?みんな上手だなー、、、

しかも2着のアストラエンブレムも「メイS」組だしさ。Mデムーロだから、って軸にしたとしてもダッシングブレイズは僕には総流し、という選択じゃないと印が回らないから無理ね。無理無理。なので、悔しくない!

ちょいと東京芝の話しが長くなったので、次に「東京ダ―ト」です。

これも結果からみると「1番手」でIDM上位、「+」マーク付、中より内目が良かったですね。さて、レビュー。

1R、2Rでそれに気付いたとして3Rに臨むとします。軸にするのは⑤ウィントリニティーかな。中1番手でIDM◎の「+」付だし。ところが馬券に絡みもしない・・よし、次こそ!と勢い勇んで7Rに向かうとします。ここにも「1番手」でIDM上位、「+」付の中より内目の馬が2頭いますわ。でも、この2頭とも馬券に絡まず・・

もう、この時点で戦意喪失。

でも、自分を奮い立たせ9Rに臨むとします。

9Rの「位置取りシート」をみてみると、またまたいます。「1番手」でIDM上位且つ「+」付が。

⑦ダノンフェイスと⑥リスペクトアース。

⑦ダノンフェイスは基準人気3番人気。⑥リスペクトアースは基準人気4番人気。どっちを軸にしようか・・よし、両方軸馬にして馬連フォーメーションでいこう!とするとしますよ。

で、さらに、これまでの東京ダートの結果(9Rを迎えるまでに4レースダート戦がありました)を見直すじゃないですか。あくまでも客観的に(のつもりね)すると、「3番手」以降の馬が4レース中3レースで馬券に絡んでいる、しかも、【中より内】の「3番手」以降。これを踏まえて9Rの位置取りをみてみると「内3番手」が⑩ダブルコーク。「内4番手」がタケルラグーン。「内5番手」がポムフィリア。「内6番手」が⑮ポッドガイ。「中3番手」が⑭エメラルエナジー。「中4番手」が③ダウトレス。たくさんいるやん・・・ここまでいると全頭に流すしかない・・だって、「1番手」、「2番手」が量的にも好成績上げてるわけだしね。「傾向」があるからって「3番手」以降の馬全頭に流す、みたいな買い方はなかなか出来無い。しかも2週連続大負けの予感だし。そこまで拡げられる??無理よ、無理。。

もう、どうにでもして!って感じで最終12Rに臨みます。

ここにもいました「1番手」でIDM上位、「+」マーク付きが2頭。

で、やはり「1番手」が優秀、ということで、僕が実際買ったのは「1番手」5頭の3連複ボックス10点。

馬連にしとけば獲れたんだけど、、、こんだけ負けてると思考停止ね。

。。。。自分のためのレビューでもあるから、ここまで書いてきたんだけど、さすがに疲れてきたんで今日は止めていいですか?

「連対馬から学ぶ・・・」と日曜日京都の振り返りは次回にさせてください・・ごめんなさい!

また明日!

 

今週(6/10・11)のレビュー:成績報告

昨日に続き、全く的中せず・・・これで13連続不的中です。

これにて

6月は

勝率:3.8%

レース的中率:3.8%

回収率:3.1%・・・・

年間回収率は101.7%まで落ち込みました・・・

耐えよう、耐えよう、耐えよう!!!!!!!(泣

細かなレビューは後ほど。

今週もお疲れ様でした!

 

今日は難しい。。

【位置取りシート】信者としては獲れないレースばかり、、、

耐えるしかない。

1番手で全て決まるレースはほとんど無く、3番手以降が良く馬券に絡んでおります。特に、阪神の芝は今9Rが終わりましたが中3番手、4番手などが馬券に多く絡んでいます・・

こうなると阪神メインは

ここに居ない馬も買わないとダメかも。。

東京芝は新馬戦を除き2鞍(4R、8R)終了。この2鞍は1・2番手で決まっており「中」より内目が優勢。昨日も内3番手や内4番手が馬券に絡んでおりました。

これを踏まえて東京10Rは⑪キロハナから入ります。

あ、一番人気かぁ・・・