関屋記念、買い目!

今日は娘と久々に映画に行ってきました。

「ミッションインポシブル」

約3時間の映画だったけど、飽きることも中だるみもなく面白かった(^^ /

さて、最近、全く当たらないけど懲りずに予想して参りましょう。

お付き合いください。

今日は【関屋記念】(G3/新潟芝1600m)のみ。

ホントはもっとやりたいのだけど、我慢、我慢。

では過去10年の【関屋記念】の前走名から確認します。

過去5年にFeature

前走「中京記念」組は外すことは出来ない、っすね。

「位置取りシート」的には「最内」「内」。特に「内」は外せ無さそうです。

次に「脚質」

末脚が決まらないわけでもないけど「逃げ」「先行」脚質の馬から、ですね。

「馬番」は・・

イマイチつかめないから、新潟芝1600mの馬番別成績を過去5年で検索。

10番から16番が良いかね。。。「中」から「ちょい外」

次は「年齢別成績」。これは過去10年の【関屋記念】でみます。

4歳、素晴らしい!

最後に「種牡馬」をみておきます。

「ディープインパクト」産駒は連対率、複勝率ともに優秀ですね。「ハーツクライ」産駒も悪く無い。

そして、ここまでの新潟芝の「位置取りシート」結果をチェックです。

あまり傾向は無い・・・

そして【関屋記念】に「位置取りシート」がこちら。

いつものように「JRDV.sp」から拝借

t4

そして最後に「馬サブロー」のスピード指数を確認。

これやるの初めて(^^)

なぜやるか?何となく気になったから。

で、調べてみました、昨日の「新潟」の結果を。

すると、指数1位の馬の成績がかなり優秀。新馬戦、障害戦を除く全10レースをみたら【3-1-1-2-2-1/10】。つまり3着内率50%(^^)

そして本日はも指数1位は2勝、3着1回、と悪くありません。

で、このレースの「スピード指数」1位は。。。

⑪チャンピオンルパン!

過去の戦績をみてみると新潟マイルも2勝しております。そして、なんと13人気(15:20現在)買い目に入れときましょ。

では「印」

◎:④エイシンティンクル(ディープ産駒 x 持ち時計あり x 脚質良し)

〇:⑤ショウナンアンセム

▲:③スターオブペルシャ

注:①ベルキャニオン

爆:⑪チャンピオンルパン

△1:⑦ジョーストリクトリ(4歳)

△2:⑭ヤングマンパワー

△3:⑧ロードクエスト

かな。。。

③④⑤のワイドボックスでイケるんじゃないか、と考えております。

 

本日は「小倉12R」をやってみます。

ここまでの「小倉芝」の傾向から確認です。

「位置取りシート」でみてみると、

「TARGET frontier JV」でみると

ほぼほぼ「1番手」で決着。「+」優秀。「上がりの脚」。「IDM」「展開」W。

出目の確認します。

赤線は「芝1200m」なのですが、1番の馬が全てで連対。

このレースの1番はミトノアミーゴですね。これは買い目に入れましょう。

では再度「位置取りシート」に戻ります。

「小倉12R」は芝1200m。今日はここまで芝1200mは3レースありました。その3レースだけ抽出して再確認。

【四隅】左下に当たる馬が全て馬券圏内ですね。

では「小倉12R」の「位置取りシート」を確認してみましょう、と思ったのですが、「位置取りシート」がオープンにされていない(会員しか見ることが出来ない)ので、ここで載せることが出来ない。。。すんません。

なので、久々に「血統」でもチェックします。

血統家「亀谷さん」が先週ツイッターで、こう言ってました。

という話しを思い出し、今日の「小倉芝レース」を血統面からチェックしたところ「トニービン」の血を持つ馬は、やはり、来ております!

「小倉12R」でトニービンの血を持つのは

③ミツルファミリー

⑤ブルーミン

⑭アルパーシャン

⑱クロスアミュレット

の4頭です(^^)

では結論。

◎:②ヒマワリノヤクソク

〇:⑤ブルーミン

▲:⑬ピュアコンチェルト

注:⑯スノーガーデン

爆:③ミツルファミリー

△1:①ミトノアミーゴ

△2:⑭アルパーシャン

△3:⑱クロスアミュレット

の他にも手広く!

小倉記念、買い目!

昨日は「札幌競馬場」へ遠征。

でもでも、、、オケラ、で帰ってきました(^^;

そういえば【逆神】古谷さんやグリーンチャンネルキャスターの坂田さんをお見かけいたしました。

さ、昨日の負けを取り返す(?)べく、気合いを入れて【小倉記念】の予想を。

現在(14:51)の単勝1人気は⑪トリオンフ。

馬連も⑪から売れており、異常オッズも見当たりません。

まずは過去の「小倉記念」の傾向をみておきます。

過去5年の1-3着馬のデータ

いわゆる「リピーターレース」かな。となると今年は⑪トリオンフに権利アリ!?

過去10年の【種牡馬】傾向

「ディープインパクト」産駒、優秀ですねぇ。でも、今年は1頭も出走してない。。

過去10年の【脚質】傾向

番手に位置し、上がりの脚も使える馬。

この手の脚質を持つ馬は、、、

⑪トリオンフ??

あ、でもこの馬、【逆神軍団】の1人、水上大先生の本命です。よって積極的に買い目に入れるわけにはいきません(^^;

と、ここで、もう1名の【逆神】古谷さんの予想も確認です。

本命は⑫サンマルティン、対抗に⑪トリオンフ。。。。

なるほど。。。【逆神】2名が⑪トリオンフを重めにピックアップですね。

古谷さんは、先週、見事に的中しておりますので、ここで当たると【逆神】という汚名(?)返上か!?

ここまででみてきた流れですと、やはり⑪トリオンフを外してはいけない、となりますな。人気&【逆神】重め指名でも逆らってはいけない。しかも小倉の芝成績も【2・1・0・0】。【小倉記念】は57kgという斤量もマイナス評価にはなりません。

おーーー、悩ましい!!!

では毎度おなじみの「位置取りシート」をみておきます。

今日の「小倉芝」は「小倉記念」までで新馬戦も入れて計5鞍。

その傾向をいつもの通り「位置取りシート」で確認してみます。

と、本日の傾向の前に昨日は、、、

この他に「新馬戦」で芝が1鞍でありましたので、TARGET frontier JVの画面でも確認します。

「IDM」「展開」の両方に印が付いている馬は良さそうですね。ポジションは数でいえば「中」より「内」目の馬が多いです。そして「3番手以降」も。なかなか掴みづらい日でした。

では、本日。

TARGET frontier JVでみると、

昨日と同じく「IDM」「展開」の両方に印を持つ馬。「+」「激」は必ず1頭来てる。ポジションは「中」より「内」目、「中」より「外」目はほぼ同数の絡み方。番手は「1番手」「2番手」がほとんどだけど【小倉記念】と同じ芝2000mの未勝利戦(7R)が「3番手」から2頭・・・簡単に結論を出せん。

これは本日芝の通過順や1着馬の「上がり3F」

「上がりの脚」はあるべき、という感じです。

「3番手」が2頭絡んだ7Rも「上がりの脚」1-3位で1ー3着まで、でしたし。さっきの9Rも1-3位が1-3着。

では【小倉記念】の「位置取りシート」を確認です。いつものとおり「JRDV.sp」から拝借

 

t2

だけど、今日は「位置取りシート」より「上がり脚」オリエンティドな予想でいきます。「位置取りシート」は補完で。

出走全馬の過去の出走全レース(中央のみカウント)において、当該レースで「上がり3F」1-3位の脚を使えたレースが占める割合を算出した結果、、

1位:①キョウヘイ(占有率76%):「外1番手」(☆注)

2位:⑫サンマルティン(71%):「大外2番手」【四隅】(◎☆)

3位:③ストーンウェア(68%)「中2番手」(印なし)

4位:⑪トリオンフ(67%):「中1番手」(▲◎)

と上位4頭全てが「位置取りシート」でリストアップされております。( )内は「IDM」「展開」の印。

では、結論。

本命:⑫サンマルティン

対抗:⑪トリオンフ

単穴:①キョウヘイ

注:③ストーンウェア

爆:⑤キンショウユキヒメ(父:サドラーズウェルズ系は小倉芝2000mの成績が良い)

△1:⑩サトノクロニクル

△2:⑥マイネルサージュ(ローカル適性あり)

△3⑧メドウラーク(前走、重曹Vで侮れず)

ということで、荒れない、予想になっちゃいました・・・

Good Luck!!

中京記念を考える③:結論!

さて、買い目を決めなきゃならん時間が来たよ。

もう一度、その前に「JRDV.sp」「JRDB」「位置取りシート」的に検証します。

過去6年(7月開催)の【中京記念】の1-3着馬一覧から。

後3F印が1位、2位の馬を軸に置くべき、と見えます。「位置取り」はその年によってバラバラなイメージ。

となると「上がりの脚」を重視して⑪ワントゥワン、もしくは、⑯グレーターロンドン。

だけど、過去の戦績を見ると堅実なのは⑪ワントゥワン。過去の戦績がこちら。今まで走ってきた全21走で、上り脚が1-3位。これは素晴らしい。

⑯グレーターロンドンも良い脚を持ってるのだけど、こちらのほうが堅実、という判断。「JRDB」も⑪ワントゥワンに1位の指数を付けてます。

今日これまでの中京芝の成績をみても「上がりの脚」のある馬が上位を占めています。

1R)1600m

2R)

5R新馬戦)

7R)1600m

9R)

「位置取りシート」的な結果は、

TARGET frontier JVでみると、

「1番手」(特に「内1番手」は全て絡んでる)「+」「上がりマーク」「1-3人気の馬」

脚質傾向は、

先行、差し、だけど、あんまり後ろからでもない。7・8番手くらいから、までですね。

そして今日は「枠順」に偏りが、、

5枠以降しか馬券に絡んでいない。。

ちなみに昨日は

内枠も出てはいたけど、大半が5枠以降でしたね。

よし、そろそろ結論を。

今日の様々な傾向から導き出される軸にするべき馬の条件は、

・5枠以降

・過去に4角7・8番手より前目から、レース中最速の上りを繰り出したことがある

この条件に合致する馬は、、

⑪ワントゥワン

⑭ミエノサクシード

で、本命に推すのは、

本命は⑪ワントゥワン。騎手力でこちら!

そして、ここ数年必ず馬券に絡んでくる5-7人気の馬、そして、週中にピックアップした馬。

最後に、実はコイツが”夏馬”じゃないの?

ってことで②ロワアブソリュ―

6-8月の成績は【3-1-0-0/4】(7-9月は【2-1-0-0/3】)、マイルは【1-2-1-0/4】、54kgは【2-1-0-0/3】、中京は【1-1-0-1/3】、「しがらき」帰り、厩舎2頭出し(須貝厩舎)の人気薄の方、ですしね(^^)。

内枠だけど、このレースと相性の良い5歳牡馬。無視して【単穴】まで上げちゃう!

では印を

◎:⑪ワントゥワン

〇:⑭ミエノサクシード

▲:②ロワアブソリュ―

注:⑩ガリバルディ

爆:⑦アメリカズカップ

△:⑤フロンティア

△:④リライアブルエース

△:⑯グレーターロンドン

△:⑨ダイメイフジ

買い方は⑪-⑭の馬連、ワイド。

この2頭を1、2列目に置いた3連単、3連複。

そして「爆」⑦アメリカズカップからの馬連総流し。

⑬ウィンガニオン来たら悔しくない、という想いで!!

本日の競馬は「福島」「中京」のメインを。

今日も馬券買ってきた!

朝から色々と考えた末に買った買い目は、こんな感じっす。

選んだ背景(ロジック)はちゃんとあるんだけど、時間ないので当たったら語ります(^^)

まずは「中京」

「幸・和田」の法則を適用!この法則の説明も当たったら。

「福島」

⑬クラウンアゲンが思いのほか人気あるんだけど、、、、

さて、どーっすかね!

 

中京記念を考える②

あー、やっぱり「ワンダープチュック」は福島メインに回っちゃった・・・

はい、今から、再考します。

確定した出走表はこちら。

では「中京1600m」の【馬番別成績】でも見ましょうか。過去5年で。

複勝率でみると、馬番の有利不利は無い感じ。でも、奇数番の1着数が多いんじゃない??11番まで規則的に勝ち数が2桁→1桁と。

次に【騎手別成績】

「いっくん」が抜けてますな。その「いっくん」が騎乗するのは⑤フロンティア。【馬番別成績】でも5番の1着数が一番多いっすね。

【調教師別成績】は、

「藤原英昭」厩舎が段違いの成績(笑

その「藤原英昭」厩舎が送り込むのは⑩ガリバルディ。一昨年の【中京記念】の勝ち馬ですね。その時の斤量は55kg。今回は57kgです。

⑤フロンティアの「中内田」厩舎も連対率、複勝率ともに優秀ですね。斤量は53kgという軽量(恵量)。軸はコイツかなぁーーー。では、⑤フロンティアの戦績を確認してみましょうか。

前走は「NHKマイルC」(G1)で12人気の13着、という結果でしたが。一応、重賞(新潟2歳S(G3))ウィナーです。今回は何番人気くらいになるんだろうか?

でも「3歳馬」ってのはこのレースではイマイチ。

開催月関係なく、過去10年の【中京記念】の年齢別成績をみてみると、

3頭しか出走してないけども。

「5歳馬」優秀。

次は【人気別成績】。

この項は7月開催の過去6年で確認です。

1-3人気の馬は軽視、で良さそうっす。

軸にすべきは5-7人気。

【斤量別成績】は、

57kg、良いっすね。

この57kgを背負って出走する馬は、以下の2頭。

⑦アメリカズカップ(5歳)「音無」厩舎

⑩ガリバルディ(7歳)

⑦アメリカズカップの「音無」厩舎の【中京芝1600m】成績は、複勝率46%以上、単回値、複回値ともに100円超えと優秀と言える域。馬番も7番で「奇数」番。デビューは今回と同じ【中京芝1600m】で1着。前走はこのレースの王道ステップレースの「米子S」。「きさらぎ賞」(G3)「カシオペアS」勝っていることで重馬場巧者のイメージ先行で人気が無いようなら、、、

この馬から入ろう!

⑦アメリカズカップの過去の戦績を一応載せておきます。

今日は以上っす。

「中京記念」を考える①

いやー「函館記念」は後悔極まりない。

週中に「サクラアンプルール」から、とつぶやき、当日に本命を「エアアンセム」にしたのにも関わらずに外す、という失態。

「サクラアンプルール」を3連複の「2列目」にさえ入れていれば、11万ゲットだったのに。。。「3列目」にしか入れず、、、

ということで、今週は、ぶれないようにやってやりますよ!

では、予想開始!いつもより、だいぶ早いけどね。

今日は過去の「中京記念」の結果と今回の出走馬を照らし合わせ、軸馬候補を見つけてみたいと思います。

この「中京記念」、第66回なのですが、過去10年を振り返ってみると、開催月が7月なのは過去6年なんですね。なので、過去6年から探ります。

まずは「前走レース名」を確認。

もうちょいわかり易く、過去6年の1-3着馬を抽出した表で。

「パラダイスS」と「米子S」組かな。

そして、両レースで1着の馬は切ってはならん。

今年の出走予定馬に前走「パラダイスS」を使ってきた馬はいないので「米子S」をチェック。結果は、

1着は「ベステンダンク」だけど、この馬は出ない。。2着の「タイセイサミット」は出走予定だけど、着差が5馬身の2着だしね。んーーー、どうしよう。

では、別の角度から。

もう1度、「前走」と「中京記念の1-3着馬」の比較をした表をみます。

そうすると、気付くことがあります。

「前走」で上り1-3位の脚を使った馬で「中京記念」も1-3位の脚が使えた馬の成績が良い、ということに。

そもそもこのレースは「上がりの脚」がある馬の成績が良いレースなんです。

ほらね。

「上がり1位」の馬は勝率、連対率ともに5割超え。複勝率は脅威の85.7%です。

そして「逃げ」はダメ。

前走からの間隔は中3週から5週。

間隔が詰まっている馬の成績はよろしくありませんね。

では、今年の出走予定馬をみてみます。

「上がりの脚」の観点からだと「グレーターロンドン」なんだけど、間隔(前走名も)が気に入らない。消すほどでもないけどね。

よし、決めた!

今日のところは「ワンダープチュック」で。同日の「福島TVオープン」にも登録があるからここを使ってくるかは分からんけども。

前からでも後ろからでも「脚」が使えるし。

ただ、ちょっと気がかりなのは「多頭数」の競馬をあまり経験していないところ(^^;

では、また!

 

 

【函館記念】を考えよう

さて、久々に事前予想を。

今日はこれから「お出かけ」で、【函館記念】出走前には帰ってくるのだけど、今のうちに整理しておきます。

で、直前に今日の傾向を確認して、最終決断をしようかな。

では昨日の「函館芝」の傾向から確認しておきましょうかね。

まずは「脚質」から。

「先行」断然有利。

位置取りシート」結果は、

「TARGET frontier JV」でみると、、

【四隅】が良く、「テン」マーク付き、「激」「+」マーク。「IDM」「展開」とも印がある方が良い。

そしてほぼ「1番手」「2番手」にリストアップされている馬で決まっておりました。

しかし、この【函館記念】はそうじゃないんだよなぁ。。。「JRDB」のデータが過去4年分しかないのだけど、ほら、こんな感じ。

過去4年で馬券に絡んだ計12頭中、6頭(半数)が3番手以降から。

「位置取りシート」信者としては悩ましい。。。

そしてここのところ意識している「人気」面。

昨日の各場の結果をみても36R中、1Rしか「1-3人気」が絡まないレースはありませんでした。この「人気」面で【函館記念】をみてみると、函館競馬場で行われた過去9回中6回で「1-3人気」が馬券に絡んでいます。この点は多少意識しておかなければならないかな。

「前走」傾向は、

「巴賞」組の出走数が断然多いのだけど、成績は良くはないですね。で、この「巴賞」組ですが、近年、馬券に絡んでいる馬には”一応”の傾向があります。それは「巴賞」を休み明け(中9週以上)で参戦してきている、という点。

今回の出走馬の中で「巴賞」組は、5頭。

④クラウンディバイダ:中2週で「巴賞」へ参戦

⑩ブレスジャーニー:中15週で

⑪マイネルハニー:中17週で

⑫ナスノセイカン:中3週で

⑬ナイトオブナイツ:中7週で

という感じです。

「馬番」

8番以内の「内」目。

「斤量」

ここまでのレビューで纏めると、

【先行】+【8番以内の馬番】+【斤量は54~56kg】+【四隅】、【テンマーク】、【激】or【+】、【IDM、展開の両方に印あり】

では、今年の【函館記念】の出走表を

「位置取りシート」は、JRDV.spから拝借します。

t4

さて、どうしよっか。。

ここまで情報が揃うまで、軸にしようと思っていたのは③サクラアンプルール。そして⑪マイネルハニー。

③サクラアンプルールは重賞実績も出走馬の中では1番、と言っても良いし【札幌記念】も勝っているから「洋芝適性」もあるハズ。でも、このレースを叩いて、次走の【札幌記念】狙いなのかな、、と。。

そして⑪マイネルハニーは脚質的にも向きそうだし、父の「マツリダゴッホ」は函館芝2000mで【2-1-1-7/11】で連対率27.7%(単回値520円)、複勝率36.4%(複回値333円)。自身も【札幌記念】で好走しているから「洋芝」巧者と言えそうだし。。

でも、でも、、愛すべき「逆神予想家」達が軒並み【本命】にしているのよね(^^;

悩むわーーーーー

直前まで考えるけど、ここまで書いてきたことを振り返った上で軸にすべきは、

⑥エアアンセム!

では、最後に【爆】印候補馬を挙げてこのコラム終了します。

【爆】印(この馬来れば馬券は”爆発”するよ)

⑧ロジチャリス

⑮ゴールドサーベラス

なぜか?

過去の【函館記念】の「穴馬」(5人気以降で馬券に絡んだ馬)をみると、

【前走、後方から(1角10番手くらい)で競馬をした馬で、過去に「先行」競馬で好走した馬】

という条件に当たる馬がいます。

2017年:タマモベストプレイ(14人気2着)

2013年:アンコイルド(7人気2着)

です。

ちなみに「人気面」を無視すれば、上記の「穴馬」以外に該当するのは

①ブラックバゴ

③サクラアンプルール

も該当です(^^)

さてさて、今年も荒れるのかな!?