はい、正解!

やはり来ました③セトノシャトル!!!

ただ1着に来た②モンテヴェルデは2列目にしか置けず、、

獲れたのはこちらの2種のみ・・・

3着に⑥ソフトポジションなら良かったのに。。。

ちなみに中山11Rはやりませんでした(^^)

明日もよろしくお願いいたします!

京都12R

京都芝1200m

この条件は圧倒的に「逃げ」「先行」+内枠ですね。

もちろん「外枠」「差し・追い込み」が決まらないわけではありませんけどね。

先週の「淀短距離S」で勝ったのは「京阪杯」でも好走したナインテイルズ。

脚質は【差し】脚質。

そして何より現在の京都1200mは血統傾向があります。

大分類とすれば「母父ノーザンダンサー」という括り。

もっと詰めていけば「母父にNearcoのクロス」がある、という点。

上で取り上げたナインテイルズが勝った「淀短距離S」の1-3着馬の全てに「母父にNearcoのクロス」がありました。

そしてこの京都12Rの出走馬の中で「母父にNearcoのクロス」を持つのは

③セトノシャトル

ちなみに京都芝1200mの種牡馬傾向(過去5年)は、こんな。

③セトノシャトルの父は「タイキシャトル」

上の表では9位。複勝率は34%で複回収率も176円。

馬番も3番。

そして脚質は「先行」。

デビュー以来の芝、というところがどう転ぶか、ですけども。

鞍上も内を突ける「岩田さん」

そう、淀短距離Sの勝ち馬「ナインテイルズ」の鞍上(^^)

調教も良さそうですし、本命は③セトノシャトル!!

ただ「位置取りシート」にはリストアップされず、、、が不安な点。

さらに「追走力」やらも低い(笑

中山11Rの予想はツイッターに上げるだけになるかも、、です!

本日より予想コラム開始!

ご無沙汰です!

久々の投稿となります。

ここ2週、もちろん競馬はやっていたのですが、投稿する余裕がございませんでした。このサイトに訪問してきて頂いた方々には大変申し訳なく思っております。

といいますのも、プライベート的(ってか本業の仕事)な変化もあり、、、且つ、予想ロジックに「ストライド新聞」の「追走力」などを盛り込むべく試行錯誤しておりました。「追走力」やらはこの本に詳しく書いてあります。

まだまだ確立されていないのだけれども「追走力」「先行力」などの”力”指数を予想ロジックの根幹である「位置取りシート」に加えて予想精度を高めるべく、努力して参りますので今後ともよろしくお願いいたします!

ということで本日は2鞍予想しようかな、と。

予想するレースは

中山11R

京都12R

の予定です。

よろしくお願いいたします!

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

毎年の事なのですけど、絶対に初日は勝てない。

と分かっているのに「投入」してしまうのが僕の「悪い癖」(笑

本日の回収率は24.3%で撃沈でした。

では明日のために「位置取りャー」としてのレビューを。

まずは「中山ダ」

基本的に「中」より内目の「1番手」の馬で「テン」マーク、「+」「激」付き。後半の3レースは「最内1番手」が全て連対。ただ全て1人気の馬なので買い目を絞らねば、、な日でした。

「中山芝」

前半の2レースで「中」より内目だな、と思っていたら「外目」が絡み始める。。最終レース(12R)で「外目」に振ったら「中」より「内目」で決まる、、、という日。でもダート同様に「激」「+」は良く来ておりました。

「京都ダ」

全体的に「中」より内目な印象も全てに言えるわけではない。ただ「激」「+」は良く来ていますね。そして1人気を嫌ってはいけない日でした。

「京都芝」

こちらも全体的に「中」より内目ですね。そして「IDM」◎&展開印付きが強かった。それもそのはず、なぜなら1・2番人気。で、ここも「激」「+」マークが活躍。

ということでレビューはしたけど、「位置取りャー」的には明日の糧になるような発見は無し、かな。。

でも発見が1つ。

「中竹厩舎」恐るべし!な日でした。

8頭出して(この日、一番多く走らせてます)【3-3-1-1/8】で勝率37.5%、連対率75.0%、複勝率87.5%。人気の馬は必ず持ってきているし、人気薄も。単・複ベタ買いでもプラス収支です。この成績を基に「位置取りャー」的な見解を加えると「中竹厩舎」の馬が内目、外目関係なく「2番手」までにリストアップされていれば【軸】で良し!ですな。

ちなみに明日の「中竹厩舎」の出走馬は、こんな感じです。

意識してみましょう!