「中日新聞杯」を考えてみた。

今日の重賞は中京のメイン「中日新聞杯」(芝2000m/G3/ハンデ)ですね。

では、検討を始めます!

出馬表はこちら。今回も「ハイブリッド新聞」から拝借。

ご覧の14頭が参戦です。

「過去5年の1-3着馬」をチェック。

しかーーーーし。

このレース「第54回」なのですが、昨年から12月開催に戻る前までの2012年から2016年までの5回は「3月開催」でした。よってステップレースなど前走がどうのこうの的な傾向は予想に組み入れ難い、、、

さらに「中京競馬場は」2010年の高松宮記念終了後(4月)から2012年1月まで全面改修が行われておりましたので2013年以降を対象に傾向をみていきます。

買い目は「血統傾向」&「枠順傾向」&「脚質」&今日の「位置取りシート」傾向で。

全ての表は「過去5年の中京芝(A)2000m」でスクリーニングを掛けたもの。

【血統傾向】

上位種牡馬では「キンカメ産駒」が単・複とも回収率良いですね。でも、今回の出走馬の中でお父さんが「キンカメ」の馬はおりません。勝鞍、複勝率とも高い成績を誇るのは、やはり、「ディープインパクト産駒」。

「ディープインパクト産駒」は以下の2頭。

⑦ギベオン

⑬スズカディープ

出走頭数は少ないものの連対率、複勝率、各回収値とも高いのが「ガリレオ産駒」。でもこの産駒の馬もおりません。ですが、強引に似ている(血統素人的に)と思うのは、

①エンジニア

「ガリレオ」の血統表はこちら。

父が「ノーザンダンサー」系。母父に「ミスワキ」

これが①エンジニアの血統表

「ミスワキ」を持ち、「ノーザンダンサー」系。

【馬番傾向】

13番が抜けてるのはなぜ??わからん、、、この馬番に入ったのは⑬スズカディープですね。あ、「ディープインパクト産駒」だ(^^)

総じて「内目」が良さそうですね。でも、9Rはピンク帽が2頭来てる(苦笑)

【脚質】

「逃げ」が抜けておりますね。そして「先行」。上りの脚は必要です。

最後に【騎手成績】を。

【騎手】軸だと、ここには載ってないけど「C.デムーロ」。

彼の「中京芝A2000m」の成績は

良いですね。

C.デムーロが騎乗するのは⑦ギベオン

【藤原英昭厩舎】+【ディープインパクト産駒】

言うことありません。

人気でも軸はこの馬、です。

あとは「イックン」(福永さん)かな。

今日はJRDV.spでは「中日新聞杯」がFeatureされていないので、色々な印などをここで書くわけにはいかないのでお許しください。

では、すげーー、掻い摘むけど、買い目を。

本命:⑦ギベオン

対抗:②アメリカズカップ

単穴:①エンジニア(3走前に中京芝2000mを勝ってます)

注:⑪メートルダール

△1:⑭マイスタイル

△2:⑬スズカディープ

△3:⑧ドレッドノータス

△4:⑥ハクサンルドルフ

というか幅広く。

ガミらない買い目を選びましょう(笑

 

「チャレンジカップ(阪神:G3)」展望

昨日から南国の地へ出張中。。。

ちょいと空き時間が出来たので、コンテンツアップ!

馬券購入は出来そうにないけれども、一昨日、詳細に検討した「チャレンジC」の予想です。いつもの「位置取りシート」傾向を鑑みる時間的余裕はないのでお許しくださいませ。

出馬表はこちら。今日は「ハイブリッド新聞」をキャプチャ。

これ、いつから【朝日】がハズレたの??で、去年から「ハンデ戦」じゃなくなったのね。で、距離も昨年から2000mに戻った。ちなみにここ10年で1800mだったのは2012~2016年の5年間。

過去の傾向をどこまでどのように取り入れようかなぁ・・・

一応、過去5年の1-3着馬を見てまいりましょう。

こうみると「朝日」じゃなくなったのは2014年から、なのね。で、次に気付くのは2014年は日本人ジョッキーで1-3着占めていたけれども、そこ以外は必ず外国人ジョッキーが絡んでいる、という点。ちなみにその2014年に唯一騎乗していた外国人ジョッキーは「ビュイックさん」。トップハンデの馬(ダイワマッジョーレ)に騎乗しておりました。そもそも、このレースは「トップハンデ馬」の成績がよろしくないレース。やはり腕の良いジョッキーから、で良さそうです。

【前走レース名】と【前走クラス】を続けてどーぞ。

これを見ると前走「重賞組」が良さそうですね。そして【前走着順】別成績。

【前走着順】軸でみると「下級条件を1着」で参戦してきている馬、ってのが良さそうですね。

この条件に当てはまるのは、

⑨エアウィンザー

②マウントゴールド

の2頭だけ。

過去10年の【東西成績】は

関東馬:1-0-2-9(連対率:8%、複勝率:25%)

関西馬:5-7-3-67(連対率:15%、複勝率:18%)

出走頭数が圧倒的に【関西馬】が多いのだけど、複勝率でみると【関東馬】

今回【関東】から参戦するのは

④マイネルフロスト

①マルターズアポジー

⑧レイエンダ

の4頭。

上記の実績からいけば、このうち1頭は3着までに来る計算です。⑧レイエンダ、だろうな。

【脚質】&【上りの脚】

【逃げ】不振。。。あの「エイシンヒカリ」(2014年)もダメだった。。

「チャレンジカップ」の【馬番】別成績は

1枠が死に目、ですかね。。。良績は3番から11番くらいに集中です。

でも、過去5年の阪神芝A2000mの【馬番】別成績をみると

これをみると1枠を嫌わなくても、、かな。

次は【種牡馬】傾向。

まずは過去10年の「チャレンジC」のやつね。

で、これが、今回と同じ「阪神芝A2000mの種牡馬」成績(過去5年)

「キンカメ産駒」が抜けて良い成績!

今回の出走馬で「キンカメ産駒」はこの2頭。

⑨エアウィンザー

⑧レイエンダ

ありゃ、これで決まりで良いんじゃない??

マルターズアポジーが1枠1番に入ったから面白そうだけど、さっきもコメントしたように、あの「エイシンヒカリ」も逃げられなかった&「チャレンジカップ」は1枠不振につき、切り!

本命:⑧エアウィンザー

対抗:⑨レイエンダ

単穴:③ダンビュライト

△1:②マウントゴールド

面白くも何にもない予想でスミマセン。。。

 

JC、完勝!

軸は3着だけど、ある意味、完勝です!

オッズみて①-⑧のワイドは買わず。

馬券の本線は⑧-⑪

3連複も1点だけ購入!

完璧っしょ!!

京阪杯

今日の勝負は「京阪杯」(京都芝1200m)

では検討開始。

出走表をみてみましょう。

京都の芝1200mは内枠&逃げ、がセオリー。

ただ今回は「内枠」にこれ、といった逃げ馬が居ない。

これは「TARGET frontier JV」で「逃げ」でソートした結果。

 

現在、2人気の⑯ワンスインナムーンが抜けている感。ただ「外枠」。でもここまで上位を占めちゃうと消せないですな。

では、過去10年の「京阪杯」の傾向をみておきましょう。

やはり「内枠」有利。

そしてこれが「脚質と上りの脚」

「逃げ」が圧倒的に強い。

念のため「京阪杯」に限らず、京都芝(C)1200mの成績も見ておきます。検索範囲は過去5年。

「馬番」傾向は、

やはり「内枠」は良さそう。

「脚質」

やはり「逃げ」ですな。

「種牡馬」傾向もみておきます。同じく過去5年の京都芝(C)1200mで検索。

父:キングヘイローの成績よろしい。今回の出走馬で父:キングヘイローは1頭のみ。

⑧ダイアナヘイロー

そして「ディープインパクト産駒」もよろしいですね。

「ディープインパクト産駒」も1頭のみ。

④アレスバローズ

次に過去5年の「京阪杯」1-3着馬をみてみましょう。

①人気上位馬は苦戦

②1-3着が全て逃げ、先行で決まっているわけではない。

③後ろから突っ込んでくる馬が1頭はいる、そしてそれは前走が「京都競馬場」で走っていた馬

ですね。

この3点にハマりそうなのは。。。

⑦グレイトチャーター

です。

最後に、今日ここまでの京都芝の「位置取りシート」傾向をチェック。

TARGET frontier JVでみると、

基本的に「中」より内目の傾向。

ただ、今日の京都の「位置取りシート」が公開されていないので、詳しくを語ることが出来ないなぁー。。。

では、買い目。

本命:⑯ワンスインナムーン

対抗:⑥ナインテイルズ

単穴:③ダノンスマッシュ

注:⑦グレートチャーター

△1:⑬ベステンダンク

△2:④アレスバローズ

△3:⑤コウエイタケル

△4:⑩カルヴァリオ

△5:⑧ダイアナヘイロー

△6:①エスティタート

で!

ジャパンカップの買い目!

一応参戦。

気持ちは「ケン」です(^^)

出馬表は、

僕と同じ誕生日(3月10日生まれ)の馬がたくさんいる(^^ /

①アーモンドアイ

④サトノクラウン

⑪スワーヴリチャード

ま、そんなこたーどーでもいいわな。

では本題に、買い目は「位置取りシート」傾向から決めます。

今日の東京芝の「位置取りシート」傾向はこんな感じ。

TARGET frontier JVでみると、

本日の芝レースで全ての馬券に絡んでいるポジションが存在します。

それは「大外1番手」

そして「ジャパンカップ」の「位置取りシート」は無料版から拝借で公開。

では、買い目!

本命:⑪スワーヴリチャード「大外1番手」

対抗:①アーモンドアイ

単穴:⑧キセキ

△1:③サトノダイヤモンド

△2:⑨シュヴァルグラン

買い目は①-⑪、⑧-⑪のワイド

3連系は

1列目)①⑪

2列目)①⑪⑧

3列目)①③⑨⑧⑪

で!

これで外しても「位置取りャー」の僕としては後悔無し(^^)

本日(11/24)の競馬①:東京11R「キャピタルS」

では、東京メインの予想です。

出馬表は、

ここまでの東京芝の結果を「位置取りシート」で確認。

TARGET frontier JVでみると、

5Rの「新馬戦」も含めて「内1番手」は全て連対。

「キャピタルS」の「位置取りシート」はJRDV.spの無料版が本日は「東京」なので、拝借。

「内1番手」に陣取ったのは②ベルキャニオンで鞍上は「R.ムーアさん」です。今日は10Rが終わって、ここまで1勝だけれども、その1勝は②ベルキャニオンと同じ「堀厩舎」の馬。10Rで1人気で騎乗し6着に沈めた「レイダー」も「堀厩舎」の馬だけど、、、、(^^;

でも、人気もイマイチだし、軸は②ベルキャニオンに決め!!

そして相手には中より「内」目に陣取った馬へ。

印は、

◎:②ベルキャニオン

○:⑤グァンチャーレ

▲:⑪ハクサンルドルフ

△1:③ショウナンアンセム

△2:①デンコウアンジュ

△3:⑨タワーオブロンドン

△4:⑬トウショウドラフタ

 

東スポ杯買い目!

色々と考えましたが、、、

本命:⑦ヴェロックス

対抗:③カテドラル

単穴:⑩クリノガウディー

この3頭の馬連、ワイド、3連複、3連単ボックスを厚く。

あとは、⑦③を1列目に置いて手広く買います!!

東スポ杯(G3)展望

こちらが出走表。

近年稀に見る多頭数(^^)

これなら予想する気になりますね。

まず「過去5年」の1-3着馬をみてみましょう。

昨年の勝ち馬は、今年のダービー馬、ワグネリアン。前走は「野路菊S」1着で鞍上はイックンこと「福永さん」でした。

今年の出走馬の【前走】は

ワグネリアンと同じように「野路菊S」を勝って臨むのが③カテドラル。鞍上も同じく「福永さん」です。

併せて「過去10年」の【前走】を

「新馬戦」から、の成績が良いのですが、先程取り上げた表でみると、ここ5年で「新馬戦」から馬券に絡んだのは3頭(対象馬15頭)のみ。その3頭に共通しているのは

・2番人気以内で出走

・結果1着

・距離は今回と同距離の1800m

・脚質は「先行」(好位)

・上りの脚は2位以内(3頭中2頭が1位の脚)

という5点。

今年の出走馬の【前走】は、

「新馬戦」からの参戦は、下記の6頭。

⑤ヴァンドギャルド(藤原英昭厩舎+C.デムーロ)

⑨ダノンラスター(堀厩舎+J.モレイラ)

⑩クリノガウディー

⑫ホウオウサーベル(M.デムーロ)

⑮ルヴォルグ(藤沢和厩舎+R.ムーア)

⑯ゴータイミング(武豊)

この中で先に挙げた5点に合致する馬は、、、

⑮ルヴォルグ(藤沢和厩舎+R.ムーア)

⑯ゴータイミング(武豊)

の2頭のみ。

では、次に【血統面】を。

「過去10年の【東スポ杯】」の【種牡馬傾向】です。

出走頭数は「ディープインパクト産駒」が圧倒的多数。その割に「複勝率」は優秀。

そしてこれが今年の出走馬の【血統】。

下表は「東京芝(C)1800m」の【種牡馬】傾向。

当たり前な結果かも、だけど、やはり「ディープインパクト産駒」ですね。そして特筆すべき種牡馬血統が見つからない。

見方を変えて、今回の距離は「1800m」。

いわゆる、非根幹距離。

そこで今回出走する馬たちの【種牡馬】でその【種牡馬】自身が「非根幹距離」が得意だった馬を調べてみました。

浮上したのは、、、

ディープブリランテ⑧トーセンギムレット⑭アドマイヤスコール

スクリーンヒーロー⑩クリノガウディー

ダノンバラード⑪ナイママ)もかな、、、

うーん、なんか取り留めもなく、特筆すべきポイントが見つからん、、

では、最後にこの表を。

ここ10年、「1人気」がほぼ馬券に絡んでおりますね。そして「複勝率」も100円超え。

ということで、軸は、「1人気」!

穴馬に「非根幹距離」が得意な種牡馬を持つ馬を、、かな。

あとは、明日の馬場傾向と「位置取りシート」傾向で最終結論を。

マイルCS:馬番確定

最終的な買い目は当日(日曜日)の「位置取りシート」傾向をみてからですが、⑩ミッキーグローリー買いたい!

初の関西遠征、鞍上「戸崎さん」。。が少々不安も、「戸崎さん」は現在リーディング3位。「皐月賞」を勝ち、「日本ダービー」も2着。先週の「武蔵野S」も勝ってますから。2週連続の重賞勝利の可能性が無いわけじゃない!今回人気になりそうな⑮アエロリットの背中も知ってるしね。今年も絶好調の「国枝厩舎」でもあるし、「天栄」からの参戦。人気もそんなに無いだろうし、”勢い”のあるディープインパクト産駒は買い、に従って、軸はこの馬でいきたい、と考えてます。

調教も良いみたいだしね。

ところで、⑯カツジ⑩ミッキーグローリーの全弟なのね。G1での全兄弟対決は初めて、とか。

頑張れ、お兄ちゃん!!

マイルCS展望:ディープインパクト産駒について

今日も引き続き「競馬脳」なのでアップさせて頂きます。

今日のテーマは「ディープインパクト産駒」についてです。

昨日のコラムでも書きましたが【マイルCS】は「ディープインパクト産駒」は外せません。

今回の【マイルCS】で出走を予定している「ディープインパクト産駒」は、下記の6頭。

アルアイン(4歳)

カツジ(3歳)

ケイアイノーテック(3歳)

ジュールポレール(5歳/牝)

ミッキーグローリー(5歳)

レッドアヴァンセ(5歳/牝)

では、どの馬が馬券に絡む確立が高いのか、探ってみたいと思います。

とその前に、、、

「ディープインパクト産駒」自体の成績から頭に叩き込みましょう。

下表は「ディープインパクト産駒」が世に出てからこれまでの芝1600mの成績を纏めたものです。京都に絞ったものは、後程。まずは、芝1600mという大枠で検証です。

驚くべきはこの成績。

複勝率が3割を超えております、、、

そして「1人気」の成績をご覧あれ!連対率5割超え、複勝率は約7割です(^^)

キンカメやステイゴールド産駒なんかも調べましたが、ディープには敵いませんでした。。。

次は【母父】のデータを

一目瞭然で、母父は「ノーザンダンサー系」ですね。欧州系やら米国系やらとの分けはさておき「ノーザンダンサー系」を母父に持っている馬が相性抜群です。

次は【前走距離】です。

巷では「ディープインパクト産駒は距離短縮が走る!」みたいな話しを聞いた覚えがあるので、見てみましたよ。

TARGET frontier JVではじき出すと「同距離」が良さそうですね。とはいえどの条件も大差はございません。はい。

では「京都芝1600m」に絞ってみてみます。

サンプル数は115。延べ100以上あれば定量調査としては問題無い、という勝手な判断で。ここで取り上げるべきは「1人気」の成績ですね。距離関係なくはじき出した時よりも「芝1600m」で絞った方が連対率、複勝率ともに上がっております。

では【母父】データ。

うん、「ノーザンテースト系」で良いね!

最後に【前走距離】

勝率は「距離短縮」、複勝率は「同距離」でした。

さてここまで「ディープインパクト産駒」全体の傾向をみた上での纏めとしては、

「1番人気のディープインパクト産駒」で

「母父」は「ノーザンダンサー系」で

「前走、同距離」で臨んで来る「ディープインパクト産駒」は軸に最適

となりました。そんなんがいるかは別で。

では、改めて、今回出走を予定している「ディープインパクト産駒」6頭を検証しましょう。

まずは「年齢」。

昨日のコラムで「3歳はイマイチ」と書きましたが、昨年2017年は3歳が4頭出走し、1着、3着、4着と優秀な成績。近年の調教過程(外厩利用など含め)なども変わってきているので「3歳はイマイチ」という先入観は排除します(^^;

ではまず、この年齢軸で「ディープインパクト産駒」出走馬を検証です。

繰り返しになりますが昨年の1・3・4着は「3歳馬」。そして3着のサングレーザーが「ディープインパクト産駒」でした。

このサングレーザーは【マイルCS】に参戦するまでに”破竹の4連勝”で挑んで来ましたので、まさに、”勢いのある「ディープインパクト産駒」は買い”という格言(?)通りの結果だったのかな、と。

では今年、「3歳」x「ディープインパクト産駒」に該当する馬はいるのかな、、該当馬は2頭。

カツジ(3歳)

ケイアイノーテック(3歳)

です。

この2頭の”勢い面”はどうか??というと、贔屓目にみればケイアイノーテック(3歳)かな、、NHKマイル(G1)を勝ち、古馬混合の伝統のG2「毎日王冠」5着。でも「贔屓目」過ぎますね。。

少し脇道に逸れますが、今年の登録馬でこの2頭の他に「3歳」は何頭いるのか?登録馬を見渡すと下記の2頭です。

ジャンダルム(3歳):ホープフル(G1)2着、弥生賞(G2)3着(キトゥンジョイ産駒)

ステルヴィオ(3歳):朝日杯FS(G1)2着、スプリングS(G2)1着、毎日王冠(G2)2着(ロードカナロア産駒)

昨年1着のペルシアンナイト(当時3歳)はクラシック戦線の1つ、皐月賞(G1)2着の実績がありましたね。これと比較すると、上記の2頭はどう考えましょうか。。ステルヴィオは圏内??でも、この馬の話しは、本日のテーマとはズレるため割愛します。

さて「3歳」x「ディープインパクト産駒」≒サングレーザーに話を戻しましょう。

これ(昨年のサングレーザー)に当てはまる馬は、居ない!!

ということで残る「ディープインパクト産駒」は4頭ですね。

アルアイン(4歳)

ジュールポレール(5歳/牝)

ミッキーグローリー(5歳)

レッドアヴァンセ(5歳/牝)

牝馬が2頭。

「牝馬は苦戦、、」と昨日申し上げましたが、念のため、過去10年まで遡って調べてみました。

調べたところ3着までに入った馬は延べ4頭(延べ出走頭数は29頭)

2012年:ドナウブルー(5歳)(3着/C.スミヨン)*ディープインパクト産駒

2011年:サプレザ(6歳)(3着/C.ルメール)

2009年:サプレザ(4歳)(3着/O.ペリエ)

2008年:ブルーメンブラッド(5歳)(1着/吉田豊)

サプレザ以外の日本馬2頭(ドナウブルー、ブルーメンブラッド)はいずれも「府中牝馬S」からの参戦。そしていずれの2頭も同年の「ヴィクトリアM」で馬券に絡んでおりました。

はい、ここで気付かれた方、素晴らしい!!

今年の出走予定馬でこれに当てはまる馬がいますね(^^)

それは、、、

ジュールポレール(5歳/牝)!!!!!!

昨年の「ヴィクトリアM」は3着でしたが、今年の「ヴィクトリアM」は1着。そして前走の「府中牝馬S」では先週の「エリザベス女王杯」で優勝したリスグラシューと僅差の4着。2着のクロコスミアを下しています。

良いんじゃない???でもメインジョッキーの「幸さん」が先週落馬負傷で、今週乗るのは絶望的、、鞍上は誰に??

もう1頭の「ディープインパクト産駒」の牝馬レッドアヴァンセ(5歳/牝)も消すまでには至りませんね。

では残りの2頭(アルアイン(4歳)とミッキーグローリー(5歳))も検証します。

まずはアルアイン(4歳)。皐月賞馬でダービー5着、菊花賞7着と実績は上位。マイルに変わって、、の期待もあります。でも私的には強調出来ない。1つは「鞍上」。予定では「川田さん」。昨日も書きましたが「川田さん」は【マイルCS】は10年連続で乗るけど3着に入ったことは1度もない。そして、京都芝1600mの騎乗成績をみても”得意”とは言えないのです、、なので強調ポイント無し、の判断。

最後にミッキーグローリー(5歳))

この馬、今までみてきた買いの「ディープインパクト産駒」に多くのポイントで該当しております。

まずは「勢い」

この通り今までで着外なのは1戦のみ。しかもそれは、76週ぶりの出走。但し、走ってきたレベル(戦ってきた相手)はさておき、です。でも「ディープインパクト産駒」というのは、これまた巷で言われておりますが”勢い”が大事な種牡馬。前走のレースグレードは関係ございません、という説に乗る(^^)

次の強調点は【母父】。母父は「ホワイトマズル」で「ノーザンダンサー系」。そして【前走距離】は今回と「同距離」。

ほら、全て合致!

唯一のマイナス材料は鞍上、、「戸崎さん」。。。。

うーーーん、今日も満点馬は見つからなかった。。

でも、今日の纏めを。

今回出走するディープインパクト産駒は、全て買う!!

では、また!

PS)

おまけに「ハービンジャー産駒」についてのデータを。

「1人気」の成績は【4-0-0-1/5】で勝率、連対率、複勝率が全て80%です。サンプルは少ないけれども。

ペルシアンナイトが1人気なら、ペルシアンナイトで良いような、、、鞍上は「M.デムーロ」だし、このレースは「リピーターレース」だし、、、