京都新聞杯、予想します。

さて、GWも後半戦。前半(4月最終週)の成績は相も変わらずグダグダだったので、月替わりの今週は何とかプラスで終わりたい。

しかし今年は近年稀にみるダメっぷり。過去5年間、年間収支プラスが嘘のような成績です。。。こんなこと無かったたんだけど。。。と、嘆いてみても「過去は戻ってきません」ので、前を向いて!

「笑う門には福来る」っす。

では【京都新聞杯】の展望を。

まずは「前走成績」に焦点をあててみます。

ちなみに、上の表の「同クラス」「同級」とは【各重賞】と【オープン】を含んだ成績です。

前走クラス関係なく「1着」だった馬の成績は良い。しかし前走1着の「昇級馬」(前走500万下など)より、上位に取りたいのは「同級」(重賞かオープン)から来た馬、ですかね。

では、出走馬の「前走」をチェックです。

「同級」(重賞、オープン)から出走してくるのは、

②グローリーヴェイズ:きさらぎ賞(G3)2人気2着(ハナ差)

③レノヴァール:スプリングS(G2)7人気5着(0.6差)

⑥メイショウテッコン:若葉S(オープン)6人気6着(1.0差)

⑦ケイティクレバー:皐月賞(G1)11人気11着(1.2差)

⑫ユーキャンスマイル:毎日杯(G3)5人気6着(0.6差)

⑬ステイフーリッシュ:共同通信杯(G3)2人気10着(1.1差)

⑮シャルドネゴールド:毎日杯(G3)4人気7着(0.7差)

⑯ダブルシャープ:皐月賞(G1)14人気14着(1.7差)

と、かなり多い(^^;

この中で軸に推したいのは

⑮シャルドネゴールド(父:ステイゴールド)

鞍上に世界の「ボウマン」を配しダービーの権利獲りを!外枠に入っちゃったけど、そこは鞍上が何とかしてくれるハズ。

ではもう少しこの馬について掘り下げます。

これが過去の戦績。

まず「新馬戦」。勝ったのはロックディスタウン。ロックディスタウンは次走の「札幌2歳S」も勝ち、次の「阪神JF(G1)」でも1人気に押された馬(結果は9着)。そしてこの「新馬戦」の2着はタイムフライヤー。ホープフルS(G1)も勝ち、皐月賞まで駒を進めた馬ですね。ということで、この「新馬戦」はレベルが高かった、と判断。

なので、続く2戦目の「未勝利戦」(小倉)は順当に勝利で「未勝利」脱出、です。

3戦目は「葉牡丹賞」(500万下)

買ったのは「皐月賞」(G1)で3着のジェネラーレウーノ。3着にはマイネルファンロンでこの馬は「スプリングS」で3着になった馬。つまり、このレースもそこそこにレベルが高いレース、ということで良いかな、と。

4戦目は「2歳500万下」。前走の「葉牡丹賞」がレベルの高い1戦だったので、ここは順当に勝ち上がります。ちなみにレース結果をみてみると、

2着には「青葉賞」(G2)2着のエタリオウ。7着にはアイトーン(この後「福寿草特別」→「若葉S」と連勝し「皐月賞」(G1/結果は8着)」がおりました。

で、前走が「毎日杯」(G3)。スタートも良く、前々で良い感じにレースを進めるも、、、0.7差の7着敗退。これは良くわからん・・・

けど、ここまで述べてきたように、この馬を強調する材料としては良いんじゃないの?

そしてもう1丁、加点材料を。

これは「騎手」との成績(過去3年)。【池江泰寿厩舎】は厩舎成績が優秀ゆえ、どの「騎手」を見ても連対率、複勝率はかなり高い。でも、人気よりも上の着順に持ってきている「騎手」っては殆どいませんね。でも「ボウマン」は。

って、ことで、軸に。

もう1頭はやはり【藤原英昭厩舎】っしょ。

つまり④リシュブールっすね。

この「リシュブール」の名前の由来って、何か分かりますか??

「ブドウ畑」の名前なんです。しかも高級なワインが獲れる(^^)

はい、気付いた方も多いと思いますが、先程から挙げている「シャルドネゴールド」の”シャルドネ”も「ブドウ」(ワイン)の種類。

ということで、京都新聞杯は【ワイン】(ぶどう)馬券でいってみよう!!

一応、もう1つ、④を推す理由を。

過去5年、京都2200mの馬番別成績です。4番の成績良いでしょ。

なので、挙げた2頭に順番つけるなら、

本命:④リシュブール(黒帽子)

対抗:⑮シャルドネゴールド(ピンク帽子)

かな。

ちなみに「黒」と「ピンク」を上手く混ざて行くと、、なんとなく、紫(赤ワイン色)になりますよ(^^)

あとは「位置取りシート」&当日の芝傾向をみて買い目に落とし込みたいと思います!

PS)

その他の注目馬は⑥メイショウテッコンです。2走前の「梅花賞」で2、3着に負かした馬は、先程も挙げた「青葉賞」(G2)2着のエタリオウと「フローラS」(G2)を勝ったサトノワルキューレ、ですから。

 

NHKマイルC、出走馬確定!

My注目馬が5頭(^^)

「デルタバローズ」も抽選通ったし、【藤原英昭厩舎】が「ギベオン」「ミスターメロディ」の2頭出し。【藤原英昭厩舎】はその厩舎成績からいって、このうち1頭は来るでしょ(^^)

位置取りシート」が待ち遠しいわ。

ちなみに、同レースの過去の「位置取りシート」が公開されていますので、こちらを。だけどあまり「位置取り」に引っ張られなくても良いかも、な感じかな。

このレースは出走各馬の過去のレースを良く見て「勝つ馬」を探してみます。連休だし、時間あるし。「やること」って言ったら娘の中間テストの勉強に付き合うだけだし!

天皇賞、買い目

明日はじっくり観る時間が無いので、もう買っちゃった!

過去の「位置取りシート」傾向を重視してね。

なので、軸は、、、、

④カレンミロティック!

負けても悔しくありません。

買ったのは、こんな感じっす。

3連単)

④カレンミロティックの1頭軸マルチで①②⑥⑧⑫⑯への90点。

3連複)

④⑧-①②④⑥⑧-①②④⑥⑧⑫の16点す。

 

青葉賞!

今日からGW!

楽しく、リッチに過ごすためにもここは当てたいところ。

今日ここまでの東京芝の「位置取りシート」傾向は、こんな感じ。

4R、5Rは【四隅】強しで「後3F」印上位馬。「+」「激」。

しかし7R、9Rでは「位置取りシート」傾向はガラリ。。。「後3F」印、「+」マークは優勢。そしてこの両レースとも「内1番手」「中1番手」が馬券に絡む。

そして何より「ルメール」(^^;

ここまで7戦して【2-2-2-1/7】で連対率57.1%、複勝率85.7%

では「青葉賞」の位置取りシートを。いつものように「JRDV.sp」から拝借です。

t5

「ルメール」騎乗の⑧オブセッションは「中1番手」でここ2戦の芝で馬券に絡んでいるポジション。買いたくないけど外しちゃダメそう・・

東京芝の【出目】です。

あら、法則みっけ!(^^)

この流れだと4枠か7枠だな。

4枠は⑧オブセッション(ルメール)がいます。

こりゃ、鉄板かなぁ。。。

そうなんだけど競馬コンシェルジュの古谷さんが本命にしてるんよ・・・

おーっ!!これはどう考えれば良いんだぁーーー!!!!

と、ここで過去の【青葉賞】の「位置取りシート」を見てみましょう。

これも「JRDV.sp」で公開されております(こちら)ちょいと抜粋。過去5年分を。

これ見ると「外」目が良さそうなんよね。

では「印」

◎:⑩スーパーフェザー

○:⑧オブセッション

▲:⑬ノストラダムス

爆:③スズカテイオー

注:⑥ディープインラヴ

△:①カフジバンガード

△:⑮エタリオウ

△:⑱サトノソルタス

 

「フローラS」と「マイラーズC」の予想

昨日と今日これまでの東京芝の傾向から確認します。

昨日の「東京芝」傾向は

位置取りシート」的なポジションは【大外】が若干少ないものの、まんべなく様々なポジションから馬券になっています。ただ「番手」は1・2番手にリストアップされた馬ですね。そしてIDM◎が4連対。

さて、本日は、、というと9Rが終わって、ここまでの傾向は

今日もまんべんなく色々なポジションから来てますね。そしてほぼ1・2番手の馬。「+」か「激」はピックアップ必須。後3F印も欲しい。また今日も昨日と同様にIDM◎が4連対しております。

「種牡馬」みます。

昨日)

今日)

両日ともいわゆる「Halo系」の天下。

昨日今日で「ディープインパクト産駒」が5頭。「ハーツクライ産駒」4頭。今日は「ノヴェリスト産駒」が2頭きてますね。

これをもうちょっと深く掘り下げると、細かくは書きませんが【ノーザンダンサー(ND)のクロス】を持つ馬ってのが、ここまで馬券に絡んだ30頭のうち17頭います。昨日は15頭中12頭という濃さでした(^^)今日でちょっと薄まった感はあります。これをどう捉えるか。。なんだけど【NDのクロス】を持つ「ディープインパクト産駒」か「ハーツクライ産駒」を取り上げたい。

これにハマるのは、、

①サラキア

②オスカールビー

⑫レッドベルローズ

の3頭。

では「フローラS」の「位置取りシート」を確認。

いつものように「JRDV.sp」から拝借します。

t4

では印。

◎:⑫レッドベルローズ(1番手+NDクロス+ディープインパクト産駒)

○:②オスカールビー(1番手+NDクロス+ハーツクライ産駒)

▲:①サラキア(NDクロス+ディープインパクト産駒)

爆:⑪カーサデルシエロ(藤原英昭厩舎)

注:⑧ラブラブラブ(NDクロス+【四隅】)

△:④、⑤、⑩、⑬

「マイラーズC」は印だけ(^^;

◎:⑨モズアスコット

○:①ヤングマンパワー

▲:グァンチャーレ

爆:ガリバルディ

注:ブラックムーン

△:④、⑤、⑦、⑧

で!

やっぱり凄いな【藤原英昭厩舎】!

いやー、お見事!

【藤原英昭厩舎】の今日の成績です。

4頭出走させまして、結果はこの通り【2-2-0-0/4】のパーフェクト連対!単回値、複回値ともに100円超えております(^^)

で、私は、、といえば、、、【的中】の文字がある通り4戦中2戦して2勝。(2戦はケン)

まずは「東京9R」から、とても地味ーーーーに、

プラス100円(^^;

で、「東京最終」

まあまあの払い戻し。

その他、本日参戦したのは各場のメイン。福島外してからの京都で、

からの東京外し、で、メインは3戦1勝2敗も収支はプラス。

本日の結果は【プラス】で終われました(^^)

今年はここまで”ガンガン”に負けが込んでいるため、ここ2週間、掛け金は控えめ。

ですが、的中率、回収率とも上がってきております。

しばらくは、この【少額で楽しむべ】精神で参りますわ!

では、最後に「明日の【藤原英昭厩舎】」をお届けします。

3頭出走させるようですね。

「フローラS」(GⅡ)に出走するカーサデルシエロ、「マイラーズC」(GⅡ)に出走するガリバルディとも人気薄。

さてどーなりますかね(^^)

カーサデルシエロは父が世界のロードカナロア、母はオークスを勝ったダイワエルシエーロですからね、狙ってみたいと思います!

これからじっくり検討して、ですけどね。

では、また!

明日(4/21)の【藤原英昭厩舎】

やっと来ました金曜の夕方!

競馬、競馬、競馬のことを考えるぞ!!

ということでまずは【藤原英昭厩舎】の出走馬をチェック。

この4頭。

うち3頭に「福永」騎乗@東京競馬場で全て「種牡馬」がディープインパクト、1頭が京都競馬場で「ルメール」で「種牡馬」はステイゴールド。馬主は全て異なってますね。

では【藤原英昭厩舎】の成績を詳細にみていきます。期間は過去5年。

まずは「騎手別成績」から。

「福永」は騎乗数で1番多いにも関わらず複勝率は5割超え(^^;

「ルメール」は騎乗数こそ多くないが複勝率は6割超えで、連対率は5割超え(^^;

どちらも「回収値」は100円を下回っておりますが。

「競馬場別成績」は、

なるほど。

次に「種牡馬別成績」と「1人気成績」

ほーっ。

結論。

出走する4頭が1人気なら黙って軸に。人気はさておき、必ず、買い目に(^^)

ではまた明日!

今週も楽しみましょうねーーー!

 

皐月賞

ここまでの中山芝の傾向は、

おおかた「中」より「内」目で決着。

皐月賞と同じ200mで行われた9Rの結果は、

「中3」→「中2」→「中1」で「中」ポジ決着。。

皐月賞の「位置取りシート」は、

t1

いつものように「JRDV.sp」から拝借です。

JRDB飯村さんの予想を含めまして詳細はこちら

この9Rの結果の”まま”(なわけないけど・・)だとすると、

「中3」に位置する馬は居ないけど、こういう場合は、上下に位置する馬を当てていきます。ゆえ、

「中3」の代替馬は、

⑩ジェネラーレウーノ(「内3」)

⑭サンリヴァル(「外3」)

「中2」は⑦エポカドーロ(藤原英昭厩舎)

「中1」は⑧ケイティクレバー

ただ過去の皐月賞は外目も良くくるのよ、、、

そして「3番手」以降もこの5年で3年(回)来てる・・

今回「大外2番手」に位置した⑮ステルヴィオは一昨年3着のサトノダイヤモンドと同ポジション。鞍上は同じくルメール。。

ダノンプレミアムがいなくなったのなら、ここは狙わず⑮ステルヴィオから、かな。

◎⑮ステルヴィオ

○⑦エポカドーロ

▲⑫グレイル

注②ワグネリアン

爆⑭サンリヴァル

△⑩ジェネラーレウーノ

△③ジャンダルム

△⑧ケイティクレバー

△⑨オウケンムーン

と、ちょっと多めに(^^;

 

 

本日は中山、阪神の最終をやろう

先週、血統予想家「亀谷敬正」さんの”つぶやき”に「最終ダートのエーピーインディ系の単勝回収率が2015年以降100%を超えている」とありました(^^)

って、ことで、本日の各場の最終レースをみてみると【中山】【阪神】がダート戦。

で、エーピーインディ系がいるか??とみてみると、、

いました、いました。

母系に「エーピーインディ」が入っている馬も入れると、、、

中山12R:ダ1800m

⑦エンパイアステート(園田連勝実績馬)

⑨エグジットラック

⑭ビービーガウディ(底を見せていない得意のダートへ久々の出走)

阪神12R:ダ2000m

⑫キングリオ(園田連勝実績馬)

⑬ジェネラス

さて、どうなりますかね(^^)