「東京新聞杯」と「きさらぎ賞」

こんにちわ!

早速「東京新聞杯」と「きさらぎ賞」の検討に入ります。

「東京新聞杯」から。

今年は15頭ですね。

まず最初に過去5年の1-3着馬の確認です。

【血統面】

「ディープインパクト産駒」目立ちます。

【所属】【位置取りシート】【人気】

関東、関西、ほぼ互角。「位置取りシート」的には「中」より内目で、ほぼ1、2番手にリストアップされている馬。3番手からは「最内」か「内」で、やはり「内目」に陣取った馬が良さそうです。

そして1人気は苦戦傾向。

2018年(昨年)の1人気は「グレーターロンドン」(8枠16番)で「ディセンバーS」3着からここへ。「位置取りシート」のポジションは【外2番手】でした。で、9着。

2017年は「エアスピネル」(7枠7番:出走頭数少)が単勝1.8倍の1人気で3着。「位置取りシート」は中1番手。臨戦過程は「京都金杯」1人気1着から。

2016年は「ダッシングブレイズ」(7枠11番)が1人気でしたが、直線に入り内を突いたは良いがラチに馬がぶつかり落馬競争中止・・・ちなみに臨戦過程は1000万⇒1600万⇒オープンと3連勝でここへ。とはいえ3.0倍の1人気でした。「位置取りシート」のポジションは「内3番手」でそう推せるポジションでも無かったです。

2015年は「フルーキー」(5枠10番)が1人気4.2倍で3着。「位置取りシート」のポジションは「外1番手」。「京都金杯」2人気4着から。

最後に2014年。1人気に推されたのは「コディーノ」(4.2倍)(7枠13番)で3着とはクビ差4着。3歳で挑戦した「天皇賞秋」4人気5着からの参戦。「位置取りシート」のポジションは「外1番手」。

つまりここ5年で1人気の馬が馬券に絡んだのは2回。いずれも3着。無理矢理この2頭の共通点を挙げるなら

前走が「京都金杯」(重賞)で上位人気に推されている

「位置取りシート」のポジションは【1番手】

ですね。

【脚質】など

上表だと分かりずらいかもなので下表もみてください。過去5年の1-3着馬の【脚質】シェアは、

「中団」から攻められる馬が良さそうですね。もちろん「逃げ」も買い目には入れたい。こちらが過去5年出走全馬の【脚質】データ。

「逃げ」馬は5頭中2頭が来ており「単回収値」「複回収値」も100円超えてますので買い目にはマストでいれねば、ですね。

【馬番】(枠順)*過去10年に拡げます。

大外(外枠全般)はあまりよろしくない。5番から8番くらいの「中枠」が良さそうですね。最内の1番に勝馬はおらず、3割の複勝率がありますが、ここ5年1番に入った馬では3着までに来た馬はおりません。

では最後に昨日(2/2)と今日、ここまでの「東京芝」の傾向を色々と確認し、買い目に落とし込みます。

まずは昨日の「東京芝」の傾向を「位置取りシート」で。

次に「TARGET frontier JV」で。

纏めると。

「中」より外目のポジションで、1番手に位置しており、上がりマーク付き、「+」マーク付き、「IDM」「展開」の両方に印が入っている馬、ですね。

およ、、過去の「東京新聞杯」の「位置取りシート」傾向と違うぞ!ま、いいや。

では、今年の「位置取りシート」を見てみましょう。JRDV.spよりです。

t4

ふむふむ、なるほどねぇ。

最後の最後に【血統】傾向。昨日の東京芝の傾向は、

昨日の11R「節分S」が「東京新聞杯」と同じ1600m。このレースの1-3着は「ディープインパクト(系)産駒」ですね。全体をみてもほぼ「サンデーサイレンス系」です。

そして、今日ここまでの傾向は、

「IDM」上位、「+」マーク付き。そして1番手。

血統的には、

やはり「ディープインパクト産駒」強し。母父はノーザンダンサー系。

では買い目。

本命は⑤タワーオブロンドン:「位置取りシート」ポジションに加え、藤沢調教師xルメールさんxゴドルフィンの成績が良いため。

対抗に①サトノアレス(ディープインパクトxノーザンダンサー系の母父)成績の良くない1番枠ですが、この馬自身は内枠得意。「位置取りシート」でも1番手確保。G1馬だし実績上位です。

以下⑩⑧②.

そして「ディープインパクト産駒」の

⑥レッドオルガ(藤原英厩舎)

⑬リライアブルエース(前走+20kg。左回りマイル戦1-2-1-1と得意の舞台)

「きさらぎ賞」は③の1頭軸マルチで①②④⑦への3連系を。トリガミ覚悟で(^^)

山城S

さ、明日はこの「山城S」の他に「東京新聞杯」「きさらぎ賞」の2鞍の計3鞍で勝負の予定。

しかし明日は娘の漢字検定で送り迎えをせねばならん。

しかもその時間帯が13:00-15:30という普段なら絶対に「TV」&「PC」から離れない時間帯にあるのである。。

しかたねーから「山城S」はもう買い目を決めちゃう。

得意の「京都芝1200m」だし。

先週も書きましたけど、なぜ得意か?は、こちらこちらこちらこちらをご覧くださいね。

「シルクロードS」は馬券はハズレましたけど1着馬は合ってましたよ。1人気でしたけどね!

もとい。

では、考察。

まずは「血統面」。

「シルクロードS」で3着に突っ込んできたのはティーハーフ。京都芝1200mでは不利、と言われている大外というハンデを撥ね退けて突っ込んできたからビックリ。

でもね、これには理由がありました。

その時は忘れてたんだけど(涙

それは「母父の5代血統内にNearcoのクロスを持っている」ってこと。

この話しは以前にも書きましたけど、この京都開催の芝1200mにおいて、まー、良く来ます。母父自体が「ノーザンダンサー系」なら尚良し。

ホントか?って。

はい、これが証拠!

今年に入って「京都芝1200m」は昨日(2/2)までで5鞍。つまり馬券対象馬は(のべ)15頭ですね。それが、これ。

この(のべ)15頭中「母父の5代血統内にNearcoのクロス」を持つ馬は、のべ7頭。クロスはなくとも「Nearco」を内包している馬はこの7頭とは別に4頭。

つまり「Nearco」を持つ馬はのべ15頭中11頭、ということになります。

しかもこの1-3着馬は全て「関西馬」

なのでピックアップすべきは「母父の5代血統内にNearcoを持つ関西馬」で。

と調べてみたら、けっこういます。

①⑥⑦⑨⑩⑬⑯と。。

ただし、この中で「母父にNearcoのクロスを持つ」のは2頭のみ。

①ファミーユボヌール(父:マンハッタンカフェ)

⑥レーヴムーン(父:アドマイヤムーン)

でも母父は「ノーザンダンサー系」じゃないのよね。。。

さらに過去5年の「京都芝1200m」の種牡馬成績をみると、、

1位は「アドマイヤムーン産駒」。

なので、⑥レーヴムーン(父:アドマイヤムーン)を軸に。

2番手に①ファミーユボヌール(父:マンハッタンカフェ)

3番手には関東馬だけど母父ノーザンダンサー系且つ「Nearcoのクロス」を持つ⑤イオラニ(父:キングカメハメハ)を。

そしてそして大穴に⑮クリノハッチャン(父:ステイゴールド)

これまた関東馬ですが母父:メジロライアン(ノーザンダンサー系)は京都芝1200m、よくきます。そして「Nearcoのクロス」あり!

馬券はこの①⑤⑥を1列目、2列目に配した3連系で幅広く攻めたいと思います。

エルフィンS

さて、今日はここだけに集中。

早速検討を始めましょう。

出走表は、こちら。

ハイブリッド新聞から引用です。

出走頭数は少なく、全10頭ですね。

ノーザンFから5頭(^^;

では過去10年の「エルフィンS」の成績を各方面から。

【種牡馬】

「ディープインパクト産駒」強し。そして1人気の成績が良いですね。

今回の出走馬の中で「ディープインパクト産駒」は

②レッドベレーザ(石坂厩舎:浜中さん)

④ノーブルスコア(藤原英厩舎:川田さん)

⑦インヴェントドーロ(池添学厩舎:池添さん)

1人気(12:20現在)は①アクアミラビリス(吉村厩舎:Mデムーロさん)です。

【母父】

黄色=ノーザンダンサー系。

【種牡馬X母父】

ロイヤルチャージャー系(ピンク)xニアーティック系(黄色)の複勝率が約5割。大枠で解釈すれば、お父さんがサンデーサイレンス系(もちろんサンデーサイレンスが入っていない馬もいますけど・・)でお母さんのお父さんがノーザンダンサー系の組み合わせが良さそう、ってことですな。

今回、この「ピンク」x「黄色」の組み合わせは、、、、

アクアミラビリス

ノーブルスコア

グレイスアン

インヴェントドーロ

の4頭ですね。

念のため先週の【血統】傾向もみてみます。

まずは1/26(土)の京都芝の成績です。

やはり「ディープインパクト産駒」天国。そして「ロードカナロア産駒」もよろしい。

次に1/27(日)

およ、、「ディープインパクト産駒」がいない、、と思って調べてみたら、京都で走った「ディープインパクト産駒」は2頭のみ。内1頭はダート戦。唯一の1頭は「シルクロードS」のアレスバローズで勝ち馬から0.4差の5着。しかも斤量は2番目に重い57.5kg。さらに「17番枠」という京都1200mでは不利、と言われている外枠なら「走った」と言って良いでしょう。

「ロードカナロア産駒」は2勝ですね。

で、今日ここまでの京都芝の【血統】傾向を最後に、と思ったのだけど「ディープインパクト産駒」はこの「エルフィンS」以前の出走馬は無し。

「ロードカナロア産駒」はこれまでに2頭が出走してパーフェクト連対、という結果。

なるほど、なるほど。

で、ダメ押しで、近2年の「京都芝1600m」の種牡馬成績をみておきます。「ロードカナロア産駒」がデビューしてから、ってことですね。

やはり「ディープインパクト産駒」と「ロードカナロア産駒」を上位に取ってよさそうです。

次に【調教師】成績を。

「中内田厩舎」凄い。。。次点で「藤原英厩舎」ですね。昨年の最多勝利調教師。今年も絶好のスタートを切っております。

そしてその「藤原英厩舎」が送り込むのが④ノーブルスコア

しかも鞍上は実質リーディング(勝鞍ではマーフィーさんですが本国に帰っちゃったので)の「川田さん」です。

ということで軸馬はこれに決まり。

相手は②レッドベレーザで。

前走の「ファンタジーS」では後に「阪神JF」を1人気で勝つダノンファンタジーの0.4差5着ですし、同3着のジュランビルとは0.1差。そのジュランビルは次走で牡馬相手の万両賞を勝っています。「ディープインパクト産駒」でもありますしね。約3カ月振りですが「しがらき」帰りですので問題なし!(外厩についてはこちらを参照してください)

3番手に「ロードカナロア産駒」の⑥ブランノワール

現在1人気の①アクアミラビリスは2,3着付に。

なにせMデムーロが乗れて無いですからね。鞍上込みの1人気な感もあるので頭からは外します。

ちなみに⑦インヴェントドーロの前走の騎手はMデムーロで1人気できっちりと1着でした。でも乗るのは①なんだな。社台の力??

では買い目。

本命:④ノーブルスコア

対抗:②レッドベレーザ

単穴:⑥ブランノワール

注:①アクアミラビリス

△:⑤グレイスアン

②④の馬連、ワイドを厚く。

3連系も買います(^^ /

 

 

「シルクロードS」の軸馬を過去の傾向から考えておこう!

「シルクロードS」は得意の【京都芝1200m】でございます。

(なぜ得意か?は、こちらこちらこちらこちらをご覧くださいませ。)

明日の天候が微妙だけれども、明日は、ここ1本でやりたいな、と。

そこで過去の傾向から軸馬をあぶりだしておきたいと思います。

まだオッズが分からないけども。。

ということで、過去10年の「シルクロードS」の勝ち馬に共通点を見つけましたよ。

上の表から、軸にすべきは、、、、

①「位置取りシート」で【1番手】を確保

②単勝オッズは1-4人気

③馬番は9番以内

④栗東所属馬

⑤先行脚質&上りの脚も1-3位が望ましい

ですな。

続報は明日!

はい、正解!

やはり来ました③セトノシャトル!!!

ただ1着に来た②モンテヴェルデは2列目にしか置けず、、

獲れたのはこちらの2種のみ・・・

3着に⑥ソフトポジションなら良かったのに。。。

ちなみに中山11Rはやりませんでした(^^)

明日もよろしくお願いいたします!

京都12R

京都芝1200m

この条件は圧倒的に「逃げ」「先行」+内枠ですね。

もちろん「外枠」「差し・追い込み」が決まらないわけではありませんけどね。

先週の「淀短距離S」で勝ったのは「京阪杯」でも好走したナインテイルズ。

脚質は【差し】脚質。

そして何より現在の京都1200mは血統傾向があります。

大分類とすれば「母父ノーザンダンサー」という括り。

もっと詰めていけば「母父にNearcoのクロス」がある、という点。

上で取り上げたナインテイルズが勝った「淀短距離S」の1-3着馬の全てに「母父にNearcoのクロス」がありました。

そしてこの京都12Rの出走馬の中で「母父にNearcoのクロス」を持つのは

③セトノシャトル

ちなみに京都芝1200mの種牡馬傾向(過去5年)は、こんな。

③セトノシャトルの父は「タイキシャトル」

上の表では9位。複勝率は34%で複回収率も176円。

馬番も3番。

そして脚質は「先行」。

デビュー以来の芝、というところがどう転ぶか、ですけども。

鞍上も内を突ける「岩田さん」

そう、淀短距離Sの勝ち馬「ナインテイルズ」の鞍上(^^)

調教も良さそうですし、本命は③セトノシャトル!!

ただ「位置取りシート」にはリストアップされず、、、が不安な点。

さらに「追走力」やらも低い(笑

中山11Rの予想はツイッターに上げるだけになるかも、、です!

本日より予想コラム開始!

ご無沙汰です!

久々の投稿となります。

ここ2週、もちろん競馬はやっていたのですが、投稿する余裕がございませんでした。このサイトに訪問してきて頂いた方々には大変申し訳なく思っております。

といいますのも、プライベート的(ってか本業の仕事)な変化もあり、、、且つ、予想ロジックに「ストライド新聞」の「追走力」などを盛り込むべく試行錯誤しておりました。「追走力」やらはこの本に詳しく書いてあります。

まだまだ確立されていないのだけれども「追走力」「先行力」などの”力”指数を予想ロジックの根幹である「位置取りシート」に加えて予想精度を高めるべく、努力して参りますので今後ともよろしくお願いいたします!

ということで本日は2鞍予想しようかな、と。

予想するレースは

中山11R

京都12R

の予定です。

よろしくお願いいたします!

明けましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いいたします。

毎年の事なのですけど、絶対に初日は勝てない。

と分かっているのに「投入」してしまうのが僕の「悪い癖」(笑

本日の回収率は24.3%で撃沈でした。

では明日のために「位置取りャー」としてのレビューを。

まずは「中山ダ」

基本的に「中」より内目の「1番手」の馬で「テン」マーク、「+」「激」付き。後半の3レースは「最内1番手」が全て連対。ただ全て1人気の馬なので買い目を絞らねば、、な日でした。

「中山芝」

前半の2レースで「中」より内目だな、と思っていたら「外目」が絡み始める。。最終レース(12R)で「外目」に振ったら「中」より「内目」で決まる、、、という日。でもダート同様に「激」「+」は良く来ておりました。

「京都ダ」

全体的に「中」より内目な印象も全てに言えるわけではない。ただ「激」「+」は良く来ていますね。そして1人気を嫌ってはいけない日でした。

「京都芝」

こちらも全体的に「中」より内目ですね。そして「IDM」◎&展開印付きが強かった。それもそのはず、なぜなら1・2番人気。で、ここも「激」「+」マークが活躍。

ということでレビューはしたけど、「位置取りャー」的には明日の糧になるような発見は無し、かな。。

でも発見が1つ。

「中竹厩舎」恐るべし!な日でした。

8頭出して(この日、一番多く走らせてます)【3-3-1-1/8】で勝率37.5%、連対率75.0%、複勝率87.5%。人気の馬は必ず持ってきているし、人気薄も。単・複ベタ買いでもプラス収支です。この成績を基に「位置取りャー」的な見解を加えると「中竹厩舎」の馬が内目、外目関係なく「2番手」までにリストアップされていれば【軸】で良し!ですな。

ちなみに明日の「中竹厩舎」の出走馬は、こんな感じです。

意識してみましょう!

「ホープフルS」も的中しております。

ヴァンドギャルド、かなりな不利があった・・・

あれが無ければ2着には来てたことにすれば、かなり勝ち!

最後のG1も当てたし、最終日は大勝。

って、ことでお疲れ様でした!

次回は「金杯」でお会いしましょう!!!

PS)

明日の東京大賞典はやりますよ(^^)

最終日、絶好調!

これまでの的中は5戦2勝。

阪神ダートは「位置取りシート」的傾向がございますね。

「中」ポジションが絶好調!

で、こんな感じの払い戻し、っす。

残るは「阪神11R」を勝負レースとして買い目は、

1列目、2列目に

①③⑧⑫⑮を入れた3連単、3連複で!

結構点数増えちゃうけどね(^^)