今日の1鞍:東京6R 芝1400m(500万下)(2017年5月14日)

本日の「東京」から「芝」から1鞍の予想を”勝手に”お届けします。*AM11:48現在、天候(曇り)、芝(重)、ダ(不良)

芝)

6R(芝1400m)

「位置取りシート」無料版は(こちら

昨日の傾向から「最内1番手」の連絡みが多い。人気もそこそこ以上の馬。この位置取りシートをみると対象は⑩ライオネルカズマ。但し、僕の嫌いな「中1週」。。。どこかの本で「中1週は準備不足」というのを読んだことがあり(確か、浅田次郎さんの【競馬どんぶり】だったかなー、、違うかなー、、)それから”強烈”に僕の予想上、重要なポイントになっております。もちろん「中1週」で1-3着で決まることもありますよ(^^;)

ということで、昨日の全場の「中1週」だけの馬の成績を見たのですが、「5-1-3/60」(勝率8%、複勝率15%)。さらに、このレース条件である500万クラスで見てみると「1-0-1/24」(勝率4%、複勝率8%)

ということで、軸にはしたくない。。。

次に【脚質】

昨日の東京芝はこんな感じ。

【差し傾向】強く、【上がり3F上位】馬優勢。ということで、今回の出走馬の上り3F順位をみてみると、、、

⑪ベストティアーズ「内2番手」

④コロラトゥーレ「外2番手」

⑧ショウナンアエラ(リストアップなし)

⑥ドゥディ「内1番手」→中1週

⑭アルミレーナ「大外1番手」

が上位となります。

では、結論(早っ!)。

本命は⑪ベストディアーズにします。

理由①:東京3R芝1400mで「最内2番手」が1着だったこと。

理由②:昨日の傾向からも中より内目が優勢、のため。

では、買い目ーーー。

 

 

って、買ったら、東京4R(芝1800m)が終了。

勝馬は「大外2番手」の⑤フローラデマリポサ。。東京3Rの芝1400mは「最内2番手」この2Rの共通点は【四隅】。。。

なので、下記買い足し!!!

 

次はヴィクトリアマイルの予想をお届けいたします。

 

京王杯SC③:前日予想

明日の「京王杯SC(GⅡ)」(東京:芝1400m/Bコース)。

枠順も決まり、そして「位置取りシート」も公開されました。

(明日の位置取りシート【無料版】はこちらから)

先週まではAコースだったので、傾向が”ガラリ”変わる可能性もありますね。しかも終日の雨予想ですし。。

では「京王杯SC」の【無料版】位置取りシートです。

こんな感じ。

あら?

軸にしようと思っていたトウショウドラフタが見当たらない。。。しかも、爆穴指定にしようと思っていたストーミーシーもおらん、、ストーミーシーは出走さえしない、、、こりゃ、一から出直さないとダメや。。

(関連記事はこちらから)

こうなると、、、チェックすべきは過去3年の傾向から下記の④点。

☆2番人気と7番人気 → これは直前まで分からないので、パス!

☆推定前半3F数値優勢?? → 「ハイブリッド新聞」会員用のデータなのですが無料版が公開されています。

☆前走「東京新聞杯」「マイラーC」「高松宮記念」組

☆位置取りシート「内1番手」

ということで、全ての条件にハマる馬は見当たりませんが、

現状(前日20:00現在)4番人気の③キャンベルジュニアを軸に。

馬連)

③-⑫①④⑬(1番手馬)②⑥⑩⑨(2番手馬)と⑧トウショウドラフタ(^^)の9点とします。

最終的には、京王杯SCまでの芝の傾向を見て決めたいと思います。

 

 

京王杯SCについて②

過去3年、5月、6月に施行された東京芝1400m戦の種牡馬成績を見てみます。データ元は「TARGET frontier JV」。

種牡馬の勝鞍数順位と今回出走(予定)馬の中で同父を持つ馬は、、

1位(8勝):ダイワメジャー(該当馬無し)

2位(5勝):ディープインパクト(サトノアラジン、トーセンデューク)

3位(4勝):マンハッタンカフェ(ヒルノデイバロー)、ゼンノロブロイ(該当馬無し)、シンボリクリスエス(該当馬無し)

その後、4位(3勝)でアドマイヤムーン(ストーミーシー)、ステイゴールド(グランシルク)、ネオユニヴァース(該当馬無し)と続きます。

特に、マンハッタンカフェ産駒(ヒルノデイバロ―)は連対率、複勝率ともに3割超で一目置く価値はあり、か。

あと特筆すべきはアンライバルドを父に持つトウショウドラフタ。東京の芝1400mで3勝しています。条件はベストでしょうか。。ここ最近は後方からの競馬がデフォルトですが、デビュー戦の東京芝1400mでは2番手から上がり2位の脚を使って勝利(7番人気)しています。今回の鞍上、田辺とも過去に2勝(いずれも東京芝1400m!)。しかも、字面的には中段(10頭、11頭立ての7,8番手だから後方か・・)から上がり1位を繰り出してのモノ。なかなか良いんじゃないですかね。あ、それと、この馬の勝ちリズムも良い!!

これで【位置取りシート】で「内1番手」か「外1番手」に入ってくれれば。。

次に母父も見てます。

1位(5勝):サンデーサイレンス(トーキングドラム、レッドファルクス)

2位(3勝):ストームキャット(サトノアラジン)、トニービン(該当馬無し)、Grape Tree Road(該当馬無し)

という感じ。母父でみると、種牡馬的にも人気的にもサトノアラジンになっちゃうかなー。。

いやいや、母父:Grape Tree Roadの戦績を良くみれば、[3-0-0-3/5]で勝率60%、連対率、複勝率ともに50%ですよ!(サンプル数が少ないけど、、)そして、Grape Tree Roadのお父さん(母父の父)が「カーリアン」。

今回の出走馬を見渡すと、、、

見つけた!ストーミーシー!(母父:ゼンノエルシド)お父さんはアドマイヤムーンだし悪くないんじゃないかな。今回は連闘なのでどうなのか分かりませんが、人気無いなら拾っておきましょうよ。

 

京王杯SCについて①

「京王杯SC」

5月13日(土)に東京競馬場(芝1400m)でGⅢ「京王杯SC」が行われます。私はこのレース、過去10年間当たっていない苦手(?)なレースですが、JRDBJRDV.sp、そして「位置取りシート」に出会った今年はどうなるでしょうか。自分でも楽しみです(笑

では過去3年の傾向からみてみます。

①3年連続で2番人気(単勝4.2倍~4.7倍)、7番人気が2,3着

②推定前半3F数値を重視 *推定3Fとは「ハイブリッド新聞」のデータ

③東京新聞杯組、マイラーC組、高松宮記念組が優勢??

④前走着順は関係ない

⑤内1番手が馬券絡み *内1番手とは「位置取りシート」のお話しです。

って、感じかな。

最終的な買い目は、当日の芝の傾向を見てから決めようと思いますが、今のところ買いたい馬は「先行脚質」でしかも「早い上がり」が使えそうな馬(どんなレースでもそうなんですけどね/苦笑)。そういう馬が居るか、を「TARGET Frontier JV」で調べてみると。。

・キャンベルジュニア(父:エンコスタデラゴ)

・ブラヴィッシモ(父:ファスタネットロック)

かな。