【鳴尾記念】買い目!

ここまでの「位置取りシート」結果から。

7Rの芝2600mで「内4番手」が絡んできておりますが、おおかたリストアップされている馬で決まっております。

「1番手」、「+」マーク付き、「激」マーク付きがよろしい。そして【四隅】。「推定後半3F」の重い印も。

先程の10Rで勝った「ブラックスビーチ」は、逃げて上りが速かった。あーなっちゃうと、後続は手も足も出ませんね。。その「ブラックスビーチ」には「推定前半3F」(テンマーク)印が付いておりました。ポジションも「最内」。「内」目に入り「テンマーク」の付いている馬は外しちゃダメかも。

では【鳴尾記念】の「位置取りシート」を確認。

t2

「最内1番手」⑥マルターズアポジーは「テンマーク」付&「+」マーク付き。もう1頭の「+」付は1番人気の②トリオンフ。この馬には「テンマーク」も「上がりマーク」も付いておりますね(^^;

あと気にしとくべきは「外」目に入った「上がりマーク」の重い馬。

⑤トリコロールブルー、「外2番手」「激」マーク付きの③モンドインテロ。

うーーーん、人気決着かな。

あとは⑦ナスノセイカン、実力上位の⑪サトノノブレスあたり。

では、印(下表の右端)。

◎:②トリオンフ

〇:⑥マルターズアポジー

▲:⑪サトノノブレス

注:⑤トリコロールブルー

爆:⑦ナスノセイカン

爆2:⑨タツゴウゲキ

△1:⑩ストレンジクォーク

△2:③モンドインテロ

△3:⑧ストロングタイタン

ほとんどの馬を買う、みたいになっちゃうけど、、、

これで①と④が来たら、大爆笑だわ!!!

【安田記念】馬番確定!

そして「前走成績」がこちら。

みなさんが呟いているように「マイラーズC」組の成績はよろしくありません。3着は7頭いるけれども。

ではもう少し「マイラーズC」組を掘り下げてみます。

まずは「マイラーズC」を1着で【安田記念】に臨んできた馬たちの成績です。

2017年)

イスラボニータ→1人気8着

2016年)

出走せず

2015年)

レッドアリオン→7人気8着

2014年)

ワールドエース→3人5着

2013年)

グランプリボス→2人気10着

去年のイスラボニータは前年の「マイルCS」で2着の成績、2013年のグランプリボスも「マイルCS」2着の実績がありましたが、、、、ですね。

こりゃ「マイラーズC」組は消して掛かるかな。ちなみに、今回【安田記念】に出走する全16頭の中で前走「マイラーズC」組は、以下の3頭。着順に。

⑮サングレーザー(4人気1着)*(  )は「マイラーズC」の人気と着

③ダッシングブレイズ(7人8着)

⑬ブラックムーン(6人気9着)

さて、今回、上位人気になりそうな⑮サングレーザー。鞍上は先週ダービージョッキーの称号を手に入れた「いっくん」こと福永祐一ジョッキーです。1番人気になるんかな?

で、この馬の取捨選択をどうするか、、ですが、頭の馬券は買いません(^^)

そして「ヴィクトリアマイル」組。過去10年の成績をみると2勝、ですが、これは「ウォッカ」が2度勝ったもの。「ウォッカ」クラスの馬がいればですけども。今回の「ヴィクトリアマイル」組は以下の3頭です。

④アエロリット

⑥レーヌミノル

⑭リスグラシュー

です。

「ウォッカ」クラスはいるかい??

いない、と思うので、この3頭も切る!

そして「マイラーズC」2着から「安土城S」2着、そして、連闘で【安田記念】に参戦する⑩モズアスコット。鞍上もルメールに戻ってきますね。どうなのかな??ってことで、検証。過去10年のG1レースを連闘で臨んできた馬の成績をチェック。

こりゃ、買えないよね(^^;

ってことで、消しかな。

で、「ヴィクトリアマイル」組のリスグラシューに「東京新聞杯」で敗れている②サトノアレス。

これも消しちゃうか!

ここまでで、かなり多くの馬が消せましたがな(^^)

あとは「位置取りシート」と【当日の傾向】で。

もちろん、消した馬も買い目に入れることもありますけど。

発走前に「買い目(印)」上げます!

日本ダービー:馬券回顧と「安田記念」

来年のための備忘録的に「格言」を。

トライアルを1人気で勝ってきた馬は必ず買い目に入れる。人気や配当は関係ない。

今回の場合⑦コズミックフォースが該当。

⑭エタリオウはヒモに買っており、確定後、悶絶し「エタリオウの鼻が長けりゃ」な、などと呟いてしまったが、そういうことではなく、自分の馬選びを反省。

もちろん⑭エタリオウが差しててくれれば、3連複、3連単とも獲れたんだけどね。

でも、私の馬選びのミス。。。

あー、安田記念も頑張ろう!

今のところ「タワーオブロンドン」

前走は「ヤラず」だし、馬体重510kgで斤量54kgは裸同然。

2011年のリアルインパクトなイメージです。

では、また!

日本ダービー予想④:結論!

さて、出走までもう少し。

ここまで、自分のコラムで書いてきたこと、今日の東京芝のレース傾向、「ひらめき」「何となく」「やっぱり。。」などの第六感系を足して買い目を決めてまいりましょう!

まずは恒例の「位置取りシート」結果を確認。昨日の「芝」分から。

「中」より内目。【四隅】。「内1番手」が5戦中4戦で連対。

次に「過去(8年)のダービー」の「位置取りシート」を確認します。

うーん、、「中」より内目の年もあれば、外目で決まる年もある。ただ「3番手」以降のポジションからだと馬券に絡んでくることは難しい、、って感じですかね。ちなみにウォッカが勝った2007年は「大外3番手」の⑯アサクサキングスが2着。但し【激】マーク付。

では、本日の【芝】結果を「位置取りシート」で確認。

なるほどなぁ。。

「3番手以降」からは馬券に絡まず。【四隅】良し。

では「日本ダービー」の位置取りシートをチェック。

t2

なるほど、なるほど。

さ、ここから「何となく」「ひらめき」「やっぱり。。」軸で数頭をピックアップ!

まずは週頭から気になっていた②タイムフライヤーです。

「G1」馬ですよ、「G1馬」。なのに人気が無さすぎる!枠も良いとこ入ったし、なにせ、調教師は「ダービー2勝」のマツクニさんです。そして鞍上もダービージョッキーの「ウチパク」。そして少々強引ではあるけれども「新馬戦」で2着に負けた後、着差を考えれば4連勝と言っても過言ではない(はい、過言です(^^;)。上りの脚だって使えます。

さらに推しの材料は、これ。

東京芝Cコースで行われた2400mレースの過去5年の種牡馬成績。

もちろん「ディープインパクト」は良績なんだけれども「ハーツクライ産駒」だって負けてない。

馬番だって、ほら。2番は悪くないですよ!

次に挙げるのは⑩オウケンムーン。

先日書いたコラムの通り「3連勝実績馬」+「王道ローテ」である、という点。そして鞍上の「過去5年東京芝Cコース2400m」の成績が抜群!

人気ないんだし気軽に乗れる。それに「位置取りシート」のポジションも悪くありません。

そしてやはり⑧ブラストワンピース。何でか?って、「やっぱり。。」な感じ。

では印。

◎:⑰ワグネリアン

〇:⑧ブラストワンピース

▲:⑯ジェネラーレウーノ

爆:②タイムフライヤー

注:⑫エポカドーロ

△1:⑨オウケンムーン

△2:⑭エタリオウ

△3:⑥ゴーフォザサミット

◎〇▲の馬連、ワイド、3連複、3連単のボックスを。

あとは印の重い馬を1・2列目に配した3連複、3連単で。

①ダノンプレミアム、⑤キタノコマンドールが来たら諦めまーーーす!

日本ダービー予想③:JRDBの印から一考するも・・・

5/20付「JRDV.sp」のコラムから

M8の欄は「推定後半3F」の印です。ここをみると、過去8年で6回も◎=1番上りが速いであろう馬、が、1着になっています。ほら。

t1

今年は、どうかな?

いつものように「JRDV.sp」から拝借です。

t2

「位置取りシート」の見方(記号の意味も含め)はこちらをご覧ください。

ここ8年の傾向から考えれば「推定後半3F」印が1番手の⑤キタノコマンドールは外せない。。。

でも⑤キタノコマンドールは無い!切る!

理由は別に強いと思わないから。確かに「新馬戦」→「すみれS」と連勝しており、続く「皐月賞」は字面上、最速の上り(同タイムはこの他2頭)で5着確保で権利を取り、ここへ。そ、ハナ差のおかげで権利が取れた”だけ”。その「皐月賞」は大外有利の展開で外から来れたから。であれば7着に敗れた「ワグネリアン」の方を評価したい。「ワグネリアン」は挟まれながらもジリジリ伸びていたし、最後は追ってないし。それに「キタノコマンドール」の「新馬戦」で負かした相手は鳴かず飛ばす。「すみれS」で破った相手たちもそこまで強い馬は見当たらず、、あ、「コズミックフォース」くらいかな。

ということで、今年の「日本ダービー」は荒れる前提で行こう!

これまでに書いてきたコラムで①ダノンプレミアム、⑧ブラストワンピース、⑤キタノコマンドールが消えちゃった(^^;

では、本命馬探しを再び!!

ちょいと話しを戻してJRDBの「推定後半3F」◎印が来なかった2回の年をチェック。それは2012年と2010年で、それぞれの勝ち馬は「ディープブリランテ(3人気)」と「エイシンフラッシュ(7人気)」。配当もそこそこでした。

なので、今年はこの2回みたいな年になる前提で勝ち馬探しをしてみたいと思います。

この2年ね。

この2年をなんとなく眺めていると⑯ジェネラーレウーノが浮かんでくる。。

ただ心配なのは「辻三蔵さん」が「競馬コンシェルジュ」で挙げた本命馬、ということ。

ちなみに「辻三蔵さん」が「オークス」の本命に推したのは「カンタービレ」。その際使用したフィリップがこちら。

そして今回出したのが、

・・・・

また、考えなおさなきゃ!

「東京最終」も!

完全的中っす!

こんな感じの馬券構成でした。

3着が⑪ならもっと良かったけども、とりあえず、本日は2戦2勝!

的中馬券はこちら。

明日も頑張ります!!

 

「葵」頂き!同着で助かった(^^)

どうせなら①が単独2着が良かったけど。

明日の資金が出来たぜぃ!

後出しですけど「買い目」は、

◎:①ラブカンプー

〇:⑩アンヴァル

▲:③ゴールドクィーン

注:⑨マドモアゼル

△1:⑬タイセイプライド

△2:⑭トゥラヴェスーラ

でした。

日本ダービー予想②:「3連勝実績」+「王道ローテ」が鉄板!?

これ、昨年のダービー時に書いたもの

内容は今回と同じなのですが、みてみてください。

該当馬の「レイデオロ」が見事に勝利しておりますよ。

ということで、今回も表題に該当する馬を探します。

まずは【3連勝実績馬】です。

ここに来るまでに【3連勝】した実績があるのは、この5頭のみ。

です。

そして「王道ローテ」な【皐月賞】を挟んできた馬は、、、

⑨オウケンムーン

⑯ジェネラーレウーノ

⑰ワグネリアン

の3頭です(^^)

⑰ワグネリアンは現在3人気。

鞍上、枠順が気になるものの【弥生賞】⇒【皐月賞】という超「王道ローテ」を歩んでおりますね。「厩舎 x 馬主」(「マカヒキ」と同じ)も申し分なし。

これが「軸」で良いかも(^^/

⑨オウケンムーンの「ローテ」も良い「ローテ」。【共同通信杯】⇒【皐月賞】は過去に「ドゥラメンテ」、「ディーマジェスティ」、「スワーブリチャード」が該当。

⑯ジェネラーレウーノの「ローテ」も悪くありません。過去には「エイシンフラッシュ」がおり、当時の人気や着順まで酷似しています(^^)。そして【天栄】からというのも良い。現在8人気(単勝24倍)なら美味しいし、今日の東京芝をみてると、後ろからズドン!な馬場でもないし。

では、また~!

 

日本ダービー予想①:ダノンプレミアムってどうなのよ!?

現在も、おそらく、発走時も1人気であろう①ダノンプレミアムを検証しまーーす。

ここまでの戦績をみれば、間違いなく「強い」。

4連勝だもの。

しかし、各所でコメントを見かけるように【臨戦過程】が気に入らない。

ではその【臨戦過程】面からチェック。

過去約30年の「日本ダービー」の【間隔別成績】です。

①ダノンプレミアムの前走は「弥生賞」なので【間隔】は上図の8~25週に該当。唯一の1着馬は「フサイチコンコルド」(96年)ですね。これについてはJRDV.spでお馴染み飯村さんも触れております

【前走名】でも「弥生賞」という名前は見つかりませんね。

ここまでは”ネガティブ”な話し。

次は”ポジティブ”なやつ。

みなさんご存知の【馬番別成績】です。過去約30年の話し。

5番も良いですけど、やはり、1番ですね。

さらにみてみます。1番枠入った馬の人気別成績がこれ。

1番枠に入り1人気は全て馬券になっておりますね。

ポジネガ、両方あるんよね。

あとは「厩舎力」やら「外厩力」やら、、、かね。そこらへんは再度JRDV.spをご覧くださいな。

僕は思い切って消し!

日本ダービーは、上がり3Fの脚が早い馬が強い。ダノンプレミアムは、過去4走中、レースの上り最速1位の脚を繰り出したのは1戦のみだし。

もちろん「強い」とは思っていますけど、、、

では、次のコラムをお待ちくださいませ~。