【エプソムカップ】:検討① – 過去からの検証① –

本日は「エプソムカップ」を検討しましょう。

これが過去10年の結果。

ここ10年、1-3着馬の3頭のうち2頭が4番人気以内。堅いレースなんですね。おっ、池江泰寿厩舎、良いですね。

今年は池江泰寿厩舎の馬、いますかね?

2頭、エントリーしてきております。

トーセンレーヴ

ベルーフ

ではいつもの通り「項目」毎に見てまいりますね。

まずは「種牡馬」傾向から。

これは「エプソムカップ」過去10年の種牡馬成績。

やはり【ディープ産駒】は優秀。

【フレンチデピュティ産駒】【ホワイトマズル産駒】も要チェックです。

そしてこれが「過去10年の東京芝1800m(C)の種牡馬傾向」です。

ほー、このスクリーニングでも【ディープ産駒】が優秀。

【ハービンジャー産駒】もかな。

あとは【ステイゴールド産駒】は回収値が良いから気にしておきましょう。

で、今回出走を予定している馬たちをみてみると、

【ディープ産駒】は

トーセンレーヴ

ヒストリカル

リーサルウェポン

【ハービンジャー産駒】は

ベルーフ

【ステイゴールド産駒】は

マイネルミラノ

次は・・・「前走レース」でもみますか。

「読売マイラーズC」からの参戦が圧倒的に成績が良い、のですが、今回はここから直接来る馬はおりません、、、ちなみに「読売マイラーズC」を走ってきた馬はダッシングブレイズのみなのですが、「読売マイラーズC」の後、「京王杯SC」を使い、ここへ。「京王杯SC」が前走の馬の成績は【0-0-0-5/5】という感じで・・・

えっと、次は、「脚質」チェック!

これね、どんなレースでも大体そうなんですけど、前目に付けられて、上がりの脚が速い馬の成績は良いんですよ。当たり前ですわね(^^;

ま、でも、こういうレースが出来そうな馬を探してみましょ。

これは「東京・中京」の「芝1600m~2000m」で「逃げ・先行」脚質で「上がり3Fの速い脚」を使った馬、という条件で抽出した表です。

なので、「上がり3F」値で順位付けされております。

右から3列目が「上がり3F」数値なのですが、水色や黄色など色付けされているのは、当該レースの中で「上がり3F」が1-3位だったってこと。「東京」と「中京」が同じ括りで良いのか?みたいな細かいことはさておき、ね。同じ左回りで直線に坂があるから、良いっしょ。別に。

これをみるとついこの間の「メイS」組が良さそう。でも上の表の「前走レース」をみると「メイS」組はよろしくないね・・・

最後に「補正タイムランキング」(対象は過去1年)を。

デンコウアンジュ

ヒストリカル

ナスノセイカン

の3頭は「102」で1位。

ヒストリカルが「102」を2回出していますね。【ディープ産駒】でもあるし「速い脚」もある。(先行脚質ではないのだけど。。)でも「前走レース」は「メイS」だし、高齢馬かぁ。。。

とりあえず結論は保留。。

「マーメイドS」同様、出走馬確定&馬番確定後に改めまーす。

ではまた!

【マーメイドS】:検討① – 過去からの検証① –

では今週末の重賞の1つ「マーメイドS」みていきましょう。

これが過去10年の結果。

では、色々と「項目」毎に見てまいります。

まずは「種牡馬」から。

これは「マーメイドS」過去10年の種牡馬成績。

【ディープ産駒】良いですね。

そしてこれが「過去5年、同時期に施行された阪神芝2000m(Aコース)の種牡馬成績」です。

【ディープ産駒】も良いですが、【ステイゴールド産駒】も。そして【キンカメ産駒】【ハービンジャー産駒】もチェックですね。

これを踏まえて今年の出走予定馬を見てみましょう。

【ディープ産駒】は

「ビッシュ」

「リーサルウェポン」

【キンカメ産駒】は

「トーセンビクトリー」

「バンゴール」

「マキシムドパリ」

【ステイゴールド産駒】はおりません。

次に「前走レース」。

「パールS」組が多いですが「パールS」は1800m。

で、この「マーメイドS」は2000mですね。

はい、この表見てください。

もちろん前走1800mの馬の成績も良いのですが、「マーメイドS」と同じ2000mをステップにしてきた馬の成績の方が勝率、連対率、複勝率とも良いですよ。

今回の出走予定馬の中で「前走2000m」からの参戦は

「プリメラアスール」(下鴨SH1600万下:9着/0.9秒差)のみ。

しかも「プリメラアスール」は前走斤量53kgから今回は51kgの予定。脚質的にも【逃げ・先行】脚質。

しかも、しかも、阪神芝2000mの成績は【1-1-1-0/3】です。

そこで「脚質」傾向を。

うん、いいじゃないのーーー!!!!

先週の「鳴尾記念」も”逃げ”た「ステイインシアトル」が勝ちましたしね。人気も無いだろうから「プリメラアスール」からいこうかな。

そしてさらに強調材料を。

これはTARGET frontier JVの「補正タイムランキング」。

ほら、「プリメラアスール」1位ですよ!

では次回は「出走馬確定&馬番確定」後に、他の要素もみながら。

 

 

6/3(土)、6/4(日)のレビュー:「位置取りシート他」もろもろ

さて、今週末(6/10,11)のためにレビューをいたしましょ。

まずは土曜日(6/3)の東京ダートからです。結果はこんな。

「位置取りシート」でみると

傾向らしい、傾向といえば、デフォルトな「1番手」「IDM」上位、「+」マーク付きの成績は良いですね。ただし「内目」も「外目」も来てるので「位置取りシート」だけで獲るのは難しい日だったかな、と。

これは「通過順」と「脚質」

「差し」の成績が良いですね。上の「位置取りシート」でみても「上り指数」上位マークが付いている馬の成績が良い。

上記は「位置取りシート」に記載のあるマークの説明。参考までに。詳しくはこちら

次は土曜日(6/3)の東京芝。

「位置取りシート」でみると、

こちらも「1番手」「IDM」上位、「+」マーク付は好成績。しかし「これ」という傾向はみてとれず。。

そして「通過順」と「脚質傾向」は

これもイマイチ掴めずでした。

次は6/3(土)阪神いきましょう。

まずはダートです。

「外厩」の馬が馬券に絡んでいるのですが、これもどういう時にどの「外厩」をピックアップすれば良いのかがイマイチ分からん。。

「位置取りシート」だとこんな感じです。

【四隅】な感じでしたね。

次に阪神の芝

「位置取りシート」で見れば、、、

「IDM」上位、「1番手」で【四隅】に位置する馬が良し。

はい、次は6/4(日)の東京ダート。

「1番手」「IDM上位」「+」マークですね。

「通過順」「脚質」はこんな。

「先行」が多いかな、、

この日唯一の的中は12R。それまでの傾向から「1番手」「IDM」上位の圧倒的1番人気⑭シュナウザーから⑩アメリカンドリームへの馬連、7・8Rの傾向から「内2番手」の⑦エターナルヒーローへの3連複の2点を購入で馬連(5.1倍)のみが的中。「安田記念」で大きく、大きく負けていたので焼石に水ですが「おけら」は免れました(汗

ここでまた反省を。

「少点数」で獲れるんだからもっと突っ込めよ!

そして「安田記念」のあった日曜日(6/4)東京芝です。

全くわからん、、あえて挙げれば「IDM」印付??

では最後に、先週(6/3.4)の東京、阪神の【種牡馬傾向】一覧を。

東京芝(6/3,4)

ルーラーシップ産駒、ゼンノロブロイ産駒は良いですね。人気より走ってます。ハービンジャー産駒は頭か着外ですが、5割で来てるので買い目には入れて良いのでしょう。

東京ダ

シンボリクリスエス産駒、ネオユニヴァース産駒、良いですね。人気より走る。

阪神芝(6/3,4)

ディープ産駒は良いけど美味しくはないですかね。

阪神ダ

スタチューオブリバティ産駒、シスターミニスター産駒、いいですね。今週はいるかな、この両産駒。

ということでダラダラ書きましたが、今週も楽しみましょう!

そして最後に「位置取りシート」あるある、を1つ。

6/4(日)阪神ダートから。

この日の阪神ダートは1・2・3・7・10・12Rの全部で6鞍。7Rが終わって【傾向】がありました。それまでの「位置取りシート」はこれ。

10Rまでのダートの傾向は上図の通り「2番手」【四隅】が馬券に絡む。

そして10Rの「位置取りシート」はこう。

これまでの「傾向」から

「最内2番手」⑥コロナポレアリス

「外2番手」⑤リアルプロジェクト(「激」マーク付)

が対象馬。

また、これまでのダートレースで3着まで全てが「1番手」決着は無い。とはいえ「1番手」で「IDM」上位馬や「+」マーク付きは好成績を収めていると判断できる。

なので、3連複で

1列目)⑫⑯

2列目)⑤⑥⑫⑮

3列目)⑤⑥⑫⑮の他、1列目の残り⑨⑦⑭、2列目の残り③⑩

の29点を購入。

そして結果は・・・

1-3着まで「1番手」かい!

完全に「傾向」に乗り遅れたパターンでした・・・

以前も書きましたが「1番手」にいる馬で決まるケースは多いです。無駄打ちもありますが「1番手」馬連全頭ボックス(最大10点)、もしくは、「IDM」上位で「+」や「激」マーク、「テン指数マーク」や「上がり指数マーク」(下記)が付いている馬から流す、は押さえなきゃ、、ですね。

t4

今回もそうしてれば馬連76.4倍は獲れていたわけで。。

「位置取りシート」についてはこちらから

では次回は今週末の競馬予想をお届けいたします!

 

 

 

 

終わったからこそ考える:【安田記念】どうすれば的中出来たのか?

このコラムはレースの結果から逆引きで考えるコラムです。

自分の馬券構築ロジックをどのように派生させれば獲れたのか?もしくは無理なのか??を紐解いて参ります。

では今日の【安田記念】を振り返りましょう。

既報の通り、僕の買い目は

本命:⑪ブラックスピネル(出走馬18頭中最下位の18着・・)

対抗:⑯ロゴタイプ(2着)

単穴:④アンビシャス(15着)で構成し惨敗。。。

購入馬券を見返してみれば、⑪ブラックスピネル絡みの馬券が全体の8割を超えておりました。。

そしてレース結果はこんな感じ。

1着:サトノアラジン(7番人気/外3番手)

2着:ロゴタイプ(8番人気/最内1番手)

3着:レッドファルクス(3番人気/内3番手)

さて、どう考えればこの馬券を当てられたのか?ですが、、

「無理だわ」という結論(^^;

ここ半年、僕の馬券構築ロジックにおけるキーファクターでシェアを占めているのは「位置取りシート」。今日の結果をみると馬券に絡んだ3頭のうち2頭が「3番手」。なので、獲れなくても仕方ない(悔しくない)レースとなります(本当は悔しいけどね)

でもでもでもでも、、

対抗に⑯ロゴタイプを選んでるんだから3連複くらい獲れた可能性あんじゃないの??とレビューしてみたのですが、どう考えても現在の僕の方法だと勝った⑭サトノアラジンと3着の⑥レッドファルクスを2列目までに配することは出来ない。。もちろん、この2頭とも買ってはいましたが、いずれも3列目までにしか入らない。

しかも、購入した買い目を全て見返してみれば、⑭サトノアラジンが入った買い目は2点。。これは仕方ないことでなんです。繰り返しになりますが僕のロジックでは無理。つまり、完全にアウトなレースだったということ。東京芝1600mはディープ産駒の成績が良いので新聞には種牡馬の箇所にマークはしているのですがね。

ではなぜ⑭サトノアラジンと⑥レッドファルクスに重い印を打てなかったのか?

まず⑭サトノアラジン。

・G1では足りない。

・京王杯SC組は軽視(勝率、連対率とも高くないので)→蓋を開けてみれば京王杯SC組が1・3着だったけどね。

・川田騎手は上位人気でこその騎手→と思っていたら、なんと、今調べたら、7番人気時の成績が【1-1-0-2/4】(過去1年間/先週末(5/28)までの成績)でした。。。

という理由。

ちなみに昨年の【安田記念】と今年の【京王杯SC】はサトノアラジンが本命でした。。

3着の⑥レッドファルクスはマイルは長い、と判断していたこと。そして京王杯SC組は軽視で低めの評価。しかし「内3番手」、ということもあり3着候補(3列目)での購入及び総流しの相手などで22点買っておりました。なぜ「内3番手」なのに購入したのか?ですが、今日は【位置取りシート】的に東京芝のレースでは「中より内目」が馬券に多く絡んでいたから。

で、もう少し考えてみました。本当に買えないのかね?と。

そして行きついた「こう買えば獲れた」は、、、

本命にした⑪ブラックスピネルが単勝10番人気。

対抗の⑯ロゴタイプが単勝8番人気。

こんな人気薄の馬を本命・対抗にしてるんだから、この2頭からそれぞれ「総流し」すりゃ獲れたな、でした。(強引・・・)

はい、ここでまたレビュー(格言)。

本命、対抗が8番人気以降なら【胸を張って】それぞれの馬から「跳ねるの期待」で総流し!

当たらない時は300点買ったって当たらない。そして、そんなに買う時は「当たらないレース」。手が拡がっていたら軸も含めて再考すべし。

過去に本命にした馬は追いかける!

重賞時、池江泰寿厩舎の馬は人気に関係なく2列目には配する。

「激」マークは注視

ということで、このコラムおしまいにします。

 

 

 

6/3(土)4(日)のレビュー:成績報告

あー、負けた、負けた。。。

先週戻した分を溶かしてしまった。。。。。

6月はマイナススタート。

勝率:16.7%

レース的中率:16.7%

回収率:7.6%・・・・

年間回収率:105.4%となりました。

さて、今週のレビュー(格言)

3連複、3連単に固執しない!

なんかね「買わなきゃだめ」と思っちゃってるんですよね。馬連だけで止められない。。あー、嫌になっちゃう。。

「位置取りシート」の僕的レビューは後ほど!

 

 

 

 

 

【安田記念】:決断!買い目決定

珍しく、早めに購入したので公開いたします。

なぜ、こんなに早く購入したか??

それは、ブレそうだから(笑)

本命:⑪ブラックスピネル

対抗:⑯ロゴタイプ

単穴:④アンビシャス

です。

⑪ブラックスピネルは先にも書きました通り、大好きな「スマイルジャック」と勝手にタブるキャラクターだから。だけではなく、やはり【安田記念】に強いタニノギムレット産駒なので。それとあまりに人気が無さすぎじゃねーか、ということで。

⑯ロゴタイプはG13勝馬。実績一番。フレグモーネで一頓挫あったとしても「山元」帰りでもありますし。そして、私と誕生日が同じだから、ってのは今気付きました。

④アンビシャスは「位置取りシート」的にも「大外2番手」なので、買うのやめようと思ってたんですけど、、、「天栄」帰りは好走傾向にあります。横山典騎手だし、内枠だし。

この他にも、たーーーーーーくさん、買ってるのですが、本線はこちら、です。

【安田記念】:検討② – 本日(6/3)の傾向「位置取りシート」から -そして「事前買い」

今日の芝の傾向はこんな感じでした。

やはりデフォルトの「一番手」が優勢。

そして「IDM」が【注】以上。

「+」マーク、「激」マーク。上がり指数上位は要チェックですね。

「位置取りシート」的には「中」より内目が好成績をあげていました。

そして【安田記念】の前日版はこんな感じ。

t3

この傾向から明日の【安田記念】を考えようかと、、、と思ったら、前日版と変わっておりました、、

フォーマートが違うのですが、お許しを。

「2番手」は前日版とは変わっております。

リストアップされて無かった「イスラボニータ」が浮上。

香港の「ビューティーオンリ」も出てきました。

そして【中1番手】だった「エアスピネル」が【外1番手】に変更。

「サトノアラジン」、「レッドファルクス」がいなくなっちゃいました。。

これらを鑑み、あくまでも僕的にですが。。。

⑯ロゴタイプ

⑩クラレント

⑤コンテントメント

⑧エアスピネル

⑫ビューティーオンリー

それと、、

⑪ブラックスピネル

は絶対に買いたい!ということで。

まずはこれ、買いました。

⑯ロゴタイプと⑪ブラックスピネルの2頭軸3連複総流しを。

この買い目の理由はですね。。

「位置取りシート」は重要なのだけども、なんとなくの直感にも掛けてみたいわけで。

やはり週中にアップした通り「ブラックスピネル」が気になってしかたない。。スマイルジャックな感じがするのでございます。

ではまた明日!

 

 

本日(6/3)の競馬

所用でバタバタ、、1鞍も「やれず」・・・

で、今、【鳴尾記念】の結果をみてみたら、来てるじゃない!

ステイインシアトル!

一応、当たったってことで(^^)

さて、明日は【安田記念】。

あまり乗り気はしないけど、やろう。

【鳴尾記念】:検討① – 出走馬確定と過去結果

鳴尾記念。

出走馬、少なっ!

過去結果はこんな感じ。

池江泰寿調教師、目立ちます。しかも【安田記念】のように「リピーター」ではなく。

今年の池江厩舎出走馬は・・・

武豊騎手騎乗の「ステイインシアトル」。過去に阪神で2走して1着1回、2着1回。脚質は【逃げ・先行】で上りの脚も使えるタイプ。そして「ノーザンFしがらき」帰りですね。この馬から、かな。

「スマートレイヤー」はデムーロだ。

このレース、乗り替わりが多いな。

では、また。

 

【安田記念】:検討① – やっぱり「リピーター」が来るの??

これも色々なところで上がっておりますが、リピーターが多いですね。

表の一番下にみえている「ウォッカ」もリピーターですね。

08年、09年と連覇をしております。

今年だと「ロゴタイプ」と「クラレント」を要チェック、ということになるでしょうか。

ではその他の傾向をみていきましょう。

まずは「前走レース名」。

特に”このレース”ってのは無さそうですかね。

でも目に留まったのは「大阪杯」組の【0-2-1-3/6】。

「ショウナンマイティ」

「ディープスカイ」の2頭で2着2回の3着1回。

「ショウナンマイティ」は2013年と2014年連続して馬券に絡んでおりますが、2013年は「大阪杯」(1着:オルフェーヴル)2着→安田記念2着。2014年は「大阪杯」(1着:キズナ)5着→安田記念3着。

「ディープスカイ」は2009年「大阪杯」(1着:ドリームジャーニー)の2着→安田記念2着でした。

今年は「大阪杯」をステップにここへ向かってきたのは、下記3頭。

「アンビシャス」

「ステファノス」

「ディサイファ」

ですね。

あと前走が「中山記念」組って悪いんですね。って言ってもこの10年で該当馬は3頭ですけど、、

今年は昨年の覇者「ロゴタイプ」がそれに該当しちゃう、、

昨年は「中山記念」の後に「ダービー卿」を挟み参戦のローテでしたが、今年は同様のローテーション予定だったものの「軽い感染症を起こし」て山元へ移動→治療。乗り込みはシッカリやれたらしく「馬がまた変わったな」(田中剛調教師)と。本命にしようと思っていたのですが、悩ましいところです、、

そして次。

「種牡馬成績」でも見ましょうか。こんな感じ。

リピーターが多いレースなので”この種牡馬が突出して良い”というのは見当たりませんね。1位の【タニノギムレット産駒】は「ウォッカ」と「スマイルジャック」の2頭で1着2回、3着2回ですので、でも一考すべき【傾向】かな、と思います。

で、ここ3年間出走が無かった【タニノギムレット産駒

今年はいるんです。

「ブラックスピネル」母父:アグネスデジタル(ミスプロ系)

一方、【ディープインパクト産駒】は良くない、ってことになりますかね。。

平均人気が7.7人気で平均着が8.3着ですから。人気先行血統、かな。ちなみに過去10年で馬券に絡んだことのある【ディープインパクト産駒】はこの4頭。

「ヴァンセンヌ」(2015年2着)母父:ニホンピロウィナー(ロイヤルチャージャー系/Haloの血を持たない)

「フィエロ」(2016年3着)母父:デインヒル(ノーザンダンサー系)

「ダノンシャーク」(2013年3着)母父:カーリアン(ノーザンダンサー系)

「リアルインパクト」(2011年1着)母父:メドウレイク(セントサイモン系)

 

今年の【ディープインパクト産駒】はというと、

「アンビシャス」母父:エルコンドルパサー(キングマンボ系)

「グレーターロンドン」母父:ドクターデヴィアス(トゥルビヨン系)

「サトノアラジン」母父:ストームキャット(ノーザンダンサー系)

「ステファノス」母父:クロフネ(デピュティミニスター系)

「ディサイファ」母父:ドバイミレニアム(ミスプロ系)

の5頭です。

次はーーーー。

「馬番」見ましょ。

はい、内枠有利。

次、【脚質】傾向。

「先行」馬で「上り」は速いに越したことはない。

次、【前走距離】

「今回短縮」の成績が良い。

これくらいですかね、振り返るべき項目は。

「オークス」「ダービー」も「傾向」が崩れる部分もあれば、継続されたこともあり。。。

「過去」には固執せず、且つ、週中の予想は大切に!で臨みます。

僕的には「スマイルジャック」「ショウワモダン」「スーパーホーネット」的な実績があるのに人気が無さそうな馬を探したいところなんですが、今年の出走馬を見渡すと実力はそれ相応に評価された人気に各馬が落ち着きそうなのですよね。

やはりルメールの「イスラボニータ」か・・・

あとは今まで見てきた傾向から「大阪杯」組=距離短縮組なので、その中から「ステファノス」(ディープ産駒だけど)

そして「ロゴタイプ

いや、「ブラックスピネル」(タニノギムレット産駒)が気になる!

よし!松山くん、頑張れ!

NHKマイルのように3着で良いぞ!

位置取りシート】早く出ないかな。